えせ物語

ヴァンガードのデッキ解説 レポート 宣伝

第1回 CF同好会関東支部オフ会について

 

 僕はかれこれ10年近くカードゲームを続けて来ましたが、多くの人達と対戦して来ました。その中には、年齢も、性別も、仕事も、学校も何もかもが違い、普通に生きていたら絶対関わらないであろう人とも対戦して来ました。その中で知り合いが増え、友達が増え、この人だけは絶対無理!なんて人もいました。

 その為僕はどのカードゲームも「 カードゲームはコミュニケーションの1つ」 と認識して対戦しています。

 これはあくまで持論なので全ての人が考えているわけではありません。ですが僕が開催するcsやオフ会ならばコミュニケーションを取るきっかけになれるようなイベントにしたいです。と、いうわけで

 

 

 8月27日(日) 第1回CF同会関東  支部オフ会を開催します!!

 f:id:eseumagonn8001:20170802004835j:image

 

実は前にも一度関東支部ではオフ会を開催していたのですが、新メンバーになってからは初めてなので第1回の開催とさせて頂きました!

 前回の支部オフ会では僕も参加していて(対戦動画あり)、そこで1人ウマゴンメンバーをスカウトしています。参加者の方々には、そんな有意義な交流がある1日にしようと考えております!

 

 

 

 

 

【オフ会概要】
開催日
8月27日(日)
開催場所
秋葉原カードショップシャカシャカトレカ様
東京都千代田区外神田四丁目7番2号小林ビル5階
JR秋葉原駅より徒歩7分、銀座線末広町駅より徒歩30秒
定員

24名
参加費
1000円

抽選方法

先着順

【対戦形式】

シングルファイトブロック代表戦

ランダムトリオ戦

CF同好会関東支部に出演!?

 

 

  詳しいタイムスケジュールなどについては明日8月2日19:00からイザジンをTwitterの方で上げるのでご確認下さい。登録もイザジンにて行います!!

 

 

 ・シングルブロック代表戦について

  クランファイト(スイスドロートーナメント)で行います!

  参加者を3ブロックに分け、各ブロック毎に全勝者が出るまでファイトを行なって頂き勝利数が1番高い方をそのブロックの代表者とします

 その後各ブロック代表者3人でトーナメント戦(シードは抽選)をして頂き優勝者を決めます!

 そして景品は優勝者はもちろん、優勝ブロックメンバー全員にお配りします!

 

 

 ・ランダムトリオ戦について

 クランファイト(スイスドロートーナメント)で行います!クラン被りはありで、相談も可です!(プレイ進行に影響が出ない程度)

 3対3でのチーム戦で先に2勝したチームの勝利とします

 チームメンバーは当日運営側がランダムで組ませて頂きます

 1戦毎にデッキ変更はOK!

トーナメント式で全3回戦を行なって頂き、優勝チームには賞品をお渡します!

 

 

 ・CF同好会関東支部に出演!?

 シングルファイト戦、ランダムトリオ戦の優勝者4人の中から、その日全ての勝利数を合わせ1番勝利数が多かった参加者と運営と対戦して頂きます!

 対戦したい運営は選択可能!

 そしてその対戦は動画撮影を予定しており、後日CF同好会関東支部にてUPさせて頂きます!

 運営に勝利したらもちろん賞品があります!

 

 

 

 

 今回の支部オフ会では上記の3つのイベントを用意しています!新弾発売後すぐのイベントで新デッキを調整したい方は沢山いると思うので、是非この機会をご利用下さい!

 初めてのオフ会主催で当日至らぬ点があるかと思いますが、運営一同参加者の方々に笑顔で帰って頂けるよう頑張ります!ご参加お待ちしています!!

横浜VGCSクラン分布について&VGCS宣伝

 はいどうも、えせです。

 先日7月1日第1回横浜VGCSが無事終了しました!今回は僕は参加者ではなく運営として参加しました。CS主催もやろうと考えているので、とても勉強になる1日でした!

 

 

 

 鬼神降臨環境に入ってから関西では愛知VGCSと魔王杯が行われてましたが、関東圏では初のVGCSでした。これにより関東、関西両方の現環境の上位レシピも上がり環境が大分固定化されると思います。

↓横浜VGCSクラン分布

f:id:eseumagonn8001:20170704010201j:image

 

 今回はこの分布を元に、僕なりにデッキ選択理由や配置場所について解説したいと思います。その後第1回横浜VGCS準優勝チームのチームウマゴンのタイチョー(ダークイレギュラーズ使用)に参加者側視点のデッキ選択や、配置所についてのインタビューして来たので、インタビュー記事を書きたいと思います。

 最後にVGCS情報もあるので最後まで読んでくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 ・デッキ選択と配置場所考察

  使用クランがあまりにも多い為、使用率が二桁台のクランだけ考察したと思います。

 

 

 グランブルー (使用率1位)

 使用数18  先鋒3  中堅10  大将5

 決勝トナメ進出率4 (22%)

 

 

 使用率と進出率

 納得の使用率だと思います。鬼神降臨発売後最初の愛知VGCSでは新弾クランがチームに多く採用されダクイレやジェネシス増加も予想され新弾強化もなく、プレイ難易度の高いナイトローゼの使用率は減少していました。しかし、発売から日も立ち新弾クランへの回答を見つけたナイトローゼが息を吹き返し今回の使用数に繋がったのだと思います。デッキパワーも高く広く立ち回れるので使えるメンバーがいるなら採用だと思います。

 

 

 席順

 中堅が1番多いですね。恐らくブラスター、かげろうが多く座ると予想した人が多かったのでしょう。結果中堅にはかげろう3、ロイパラ6でしたが、それでもナイトローゼは有利対面が多く、デッキパワーがあるので割とどこに座っても不自由は少ないと思います。

 

 

 ダークイレギュラーズ (使用率2位)

 使用率15  先鋒4  中堅4  大将7

 決勝トナメ進出率5 (33%)

 

 

 使用率と進出率

 新弾により一気に強化され使用率はギアクロを抑えて2位で、決勝トナメ進出率は1位です。徐々に使用数が増えて来ており、今までは使用数が少なかったですが、これからはミラー意識が大切になりそうです。デマゴーグ全ツですが。

 

 

 席順

 大将が1番多いです。ナイトローゼを見てだと思います。強いGBデッキを大将に置く傾向は昔からあるので1つ前の環境ではギアクロ、ナイトローゼが大将に多く見かけました。その為ダクイレを大将に置いたのでしょう。しかし使用数が多く、その考えが裏目に出てミラーを踏んでいた人達を多く見かけました。これからもシェアは減らなそうなので、ナイトローゼを採用するチームは読みが大切になるでしょう。

 

 

 

 ギアクロニクル (使用率3位)

 使用数14  先鋒5  中堅2  大将7

 決勝トナメ進出率4 (29%)

 

 

 使用率と進出率

 ナイトローゼとは違い新弾により強化が入り、新しいルートが増え構築も変わり、もっと使用数があると思いましたが規制も相まってこの使用数に落ち着きました。

 どのCSでも決勝トナメ進出率は安定して高く、ナイトローゼと同じく対応力が高いクランなので採用しないチームは少ないと思います。今回の結果を元にもう少し使用数が上がってもおかしくないと思います。

 後ドランGがFVの人達を多く見かけました。関東支部で撮影する事決定したので、使用してる人はUPするの気長に待っていて下さい。

 

 

 席順

 中堅と大将に配置してるチームが多いです。ナイトローゼと同じで大将に毎回配置しているチームが多く、かく言う僕もギアクロを使用して大将に座る事が多いです。ちなみに僕が大将に座る理由は、対ナイトローゼの練習を1番しているのでナイトローゼと当たりたいからです。と言うかナイトローゼとしか基本練習してないので他当たると訳わからなくて負けます。

 

 

 

 

 ロイヤルパラディン (使用率同率4位)

 使用数13  先鋒5  中堅6  大将3

 決勝トナメ進出率2 (14%)

 

 

 使用率と進出率

 新弾強化によりサンクの数が一気に減りブラスター1色でした。最高です。人気クランなのもあり使用率は高かったのですが、決勝トナメ進出率は2と少ないです。理由として上げられるのはデッキとして弱くはないのですが、不利対面が多過ぎるからでしょう。ギアクロ、ナイトローゼには一定の所まで行くと勝つ事が不可能にすらなるのでとても厳しいです。今後の使用率は減少すると予想出来るでしょう。

 

 

 席順

 先鋒と中堅に多いです。これは前環境のギアクロ、ナイトローゼの席順を読み避けているのでしょう。

 毎回アグロデッキ(ブラスターは違いますが)は先鋒にいる事が多い為、ロイパラは先鋒に固まっていたのでしょう。

 

 

 

 かげろう (使用率同率4位)

 使用数13  先鋒6  中堅3  大将4

 決勝トナメ進出率4 (31%)

 

 

 使用率と進出率

 新弾強化により一気に環境まで登りつめ、人気クランなのもあり使用率はかげろうと同率4位です。

 GGが非常に強力で前後列に触れる事が出来、なるかみと同じで依存しがちですが、コンローで確定サーチが出来るため先乗りしてもゲームを有利に進める事が出来ます。その安定感から決勝トナメ進出率もロイパラの倍の数値です。これからも二桁台の使用率を誇ると思います。

 

 

 席順

 先鋒に1番多く配置にされていますが、均等にばらけています。これはVスタと相手ターン干渉によりどのクランにもそれなりに戦えるからだと思います。つまりゴリ押しです。

 ギアクロも適当にメラムメラムとかやるとベローグで痛い目に合いますし、ズィーゲンのドライブで4→3ヒールに3→5星とか当てられると割と負けます。ナイトローゼもレイジーみっく+万パンプがかけられない時が多くゴリ押しされる時がたまにあります。多分。

 

 

 

 

 ・参加者視点のデッキ選択+配置場所 

  横浜VGCS準優勝チームのタイチョーにクラン選択+配置場所についてインタビューして来ました!ウマゴンでは配置場所の考察にかなり力を入れていて、(主に僕とタイチョーだけ)その甲斐もあり、有利対面を踏む事が多いです。その為今後のクラン選択などの参考になると思います!

 

 

 えせ「じゃあまずデッキ選択から理由を教えてくれ」

 

 タイチョー「とりあいずデッキ選択の前に使用率の予想をしてギアクロ→グランブルー→かげろう→ロイパラ→ダクイレ→ぬばたま→ジェネシス→シャパラでグランブルーとかげろうは同じくらいだと予想してた」

 

  タイチョー「ギアクロは確定だと思ってたからウルに使わせた。選択肢としてローゼ、かげろう、ロイパラに絞ってムシはかげろう俺はダクイレの練習を始めた。」

 

  えせ「選択肢結構あるけど、どうしてムシはかげろう、タイチョーはダクイレに絞ったの?」

 

 タイチョー「ウルの選択肢にギアローゼがあってその2つに被らない選択肢にしたかったのが理由。最初ムシがダクイレだったんだけど、相手によって点を止めるプレイがあってそれがムシはストレスらしくて俺にダクイレ預けてかげろう練習させた。」

 

 えせ「点止めるプレイがストレスとかあいつランナー使い過ぎだろ🏃 タイチョーはそのままダクイレ使ったんだね」

 

 タイチョー「ダクイレはそのまま練習次第でどうにかなると思ってたから練習してたんだけど、ムシのかげろうが使用率の高いギア、ローゼ、ダクイレに厳しいと考えて他の選択肢考え始めたんよね」

 

 タイチョー「そこで今の環境はサンクが少ないと読んでたし、GBデッキが主に使われてるからランナーが候補に上がった。で、あいつランナー上手いからそのまま握らせた」

 

 えせ「ランナーの読みはかなり正しくてロイパラ13のうちサンクは3しかいなかったよ。じゃあ次に席順について教えてくれい」

 

 タイチョー「席順は関東での新環境だからあんま深く考えはしなかったんだけど、大将には強いGBデッキ(ギアローゼ)を置くチームが少なくないからジェネシスを置くなら大将だと予想。理由としては今の環境サンクがあまり強くなく向い風であると思い使用率下がる+今のギアクロは引が多いからギアに対しても今まで通り、もしくは今まで以上に厳しいから居ても大将じゃないと思った」

 

 えせ「だからランナー大将に置いたのね」

 

 タイチョー「そゆこと。次に中堅、中堅にはロイパラ、ダクイレ、シャパラ辺りと予想。ギアは来ても大将or先鋒だと予想したのでどれにも対応出来、不利を取らないギアを中堅に選択」

 

 えせ「これも良い選択だね。ギアは使用数14で中堅には2しか座ってなかったよ。じゃあ次に先鋒のダクイレについて教えて」

 

 タイチョー「先鋒は正直大将じゃなかったギア、ロイパラ以外何が来るのか予想出来なかった。だから先鋒は余り枠で一応何を踏んでもデマゴアサシンで初回から倒せるダクイレを選択した」

 

 えせ「その考えで挑んだから構築からデマゴアサシン意識してサイクス採用したのか。納得納得。じゃあ最後に今回1番悩んだクランは?」

 

 タイチョー「1番悩まされたのはぬばたまの使用率と席順。デッキ構築でメタれないし、知識不足で分からん殺しの可能性もあるからどこに座るか、何人使用者がいるか全く考慮せずに席順決めたね」

 

 えせ「決勝で無事ぬばたま踏んで負けてるの結構面白いねw」

 

 えせ「インタビューはこれで終わり!協力ありがとうございました!改めて準優勝おめでとう!」

 

  タイチョー「給料。賛辞は良いから金をくれ」

 

  えせ「うるせえ3-4」

 

 以上!タイチョーへのインタビュー記事でした!好評だったらまたやりたいと思います。

 

 

 

 

VGCS情報

 まずは8月に行われるヴァンガード界史上最大規模のあのCSから!

 8月6日、バトロコ柏駅前店にて開催のNextGenerationLeague2017!略してNGL!

 

↓概要はこちらから

 【ヴァンガード】Next Generation League 2017 大会概要 - 2017/08/06(日)/3人チーム戦/定員:96チーム (288人)|イザジン

 

 

 数多くの魅力があるNGLですが、何と言っても目玉はここでしか手に入らない特製プレイマット!次回いつ開かれるか未定の大規模イベントですので、他のプレイマットを配布するVGCSとは違いここを逃したらもう手に入らないかも!?

 

 ↓画像は配布予定のプレイマットデザイン

f:id:eseumagonn8001:20170704231132j:image

 カッコ良すぎます。僕も何としてでも優勝して手に入れたいと思います!

 

 

 そんなNGLですが、残念な事に定員MAXでもう本戦に参加する事は出来ません。しかし、そんな人の為にもまだチャンスはあります!NGLでは大会前日の8月5日にNGL前日祭を開催する事が決定しました!

 

↓概要はこちらから

 【ヴァンガード】NGL前日祭 大会概要 - 2017/08/05(土)/3人チーム戦/定員:36チーム (108人)|イザジン

 

 

 本戦に参加出来なかった人はもちろん、前日に質の高い調整をしたい人も誰でも楽しみながら参加する事が出来ます!サブトーナメントではプレイマット争奪戦も予定しております!7月7日から受付開始なので、チームメンバーを探している方はTwitterで#NGL前日祭チーム募集を使うと見つけられると思います!

 

 

 

 そしてなんとNGLでは公式Lineアカウントがあるみたいです!Lineアカウントを用いてオンラインマッチングの発表も予定している為、参加者の皆様は是非ともご登録なさるようにしましょう!

 

 ↓画像はNGL公式アカウントQRコード

 f:id:eseumagonn8001:20170704233243j:image

 

 

 

 

 

 次に紹介するのは関東圏屈指の人気VGCS!

 今回は9月16日 17日と両日開催をする大和VGCSです!

 f:id:eseumagonn8001:20170704233826j:image

 ↓概要UR

 第9回概要【ヴァンガード】第9回大和VGCS 大会概要 - 2017/09/16(土)/3人チーム戦/定員:64チーム (192人)|イザジン

 第10回概要【ヴァンガード】第10回大和VGCS 大会概要 - 2017/09/17(日)/5人チーム戦/定員:48チーム (240人)|イザジン

 

 今回の開催で第9回、10回と迎える大和VGCSですが、新作プレイマット制作です!みなさん早く見たくてウズウズしていると思いますが、気長に待ちましょう。

 1日目の16日は現在57チームが登録が完了。2日目の17日は、現在39チームが登録完了しているとの事です!まだ2ヶ月弱開催まで時間はありますが、大人気CSなので油断しているとすぐ埋まってしまいます!

 メンバーをお探しの方は、Twitterにて#大和VGCSで探してみるまたは、主催のぐんぐにーるさんに相談してみると良いでしょう!とても優しく紳士的対応でかならず力になってくれます!

 

 

 

 NGLと同じく大和VGCSでも公式Lineアカウントが制作されました!

 こちらもLineアカウントを用いてマッチング発表も予定している為、参加者の皆様は是非ともご登録なさるようにしましょう!!

 

 ↓画像はQRコード

f:id:eseumagonn8001:20170704235254j:image

 

 

 長くなりましたが今回はこの辺で!最後まで閲覧ありがとうございました! 

 

 

  

2017年上半期 ヴァンガードリザルトとデッキ選択理由

 

 ども、えせです。今年ももう半年経ちました早いです。毎年言ってますこれ。

 今回の記事はこの半年僕がアホみたいに時間を割いたヴァンガードリザルトの上半期の結果報告とCSでのデッキ選択理由についてです。

 

 

 

まずヴァンガードリザルトって何?と思う人がいると思いますのでその説明から。

 f:id:eseumagonn8001:20170620162819p:image 

↑画像はヴァンガードリザルトTwitter垢(@vgcs_result)

去年から有志で開催されたカードファイト!ヴァンガードの非公式大会(CS)の結果、開催情報、プレイヤーランキングを取り扱っているサイトの事です。

  ユーザーのモチベーション向上、大会活性化を目的として、関東、関西、中部のVGCSを対象とした【CSランキングシステム】の導入です。

 

 ・CSランキングシステムとは?

 加盟したCSでの結果をポイント化し、上位者にポイントを与え、その年間上位者に対して期間内の加盟CSの参加免除や半期ごと(予定)に上位者に対してプレイマット等の賞品を授与するものです。⚠︎一部サイトより抜粋

 

 

 つまりCSに出て勝てば勝つほどポイントが貰えて、ついでに色々特典があるよって覚えて貰えれば良いです。ちなみに去年の年間1位は大和VGCS主催のぐんぐにーるさんでした。

 そんなリザルトのランキングシステムは上半期、下半期で分かれておりつい先日2017年上半期の結果が出ました。

f:id:eseumagonn8001:20170620135929p:image

 

 上半期は全国2位という結果で終わりました。関東圏では1位です。1度は1位になる事もあったのですが、2位3位を彷徨っていて結局最後はみるたえさんに抜かれて2位でした。

 

 ・次に今年出たVGCSと勝率です

 使用全てギアクロニクル(クロノジェット軸)

 

 YVGCS2勝3敗  ベスト8

 関東VGCS2勝4敗1不戦勝  3位(自殺)

 エイジランドCS5勝1敗  優勝

 魔王杯2勝1敗2不戦勝  ベスト8

 埼玉VGCS3勝1敗  予選落ち

 関西VGCS5勝1敗2不戦勝  優勝

 八王子杯4勝1敗  ベスト8

 大和VGCS3勝2敗  予選落ち

 帝王杯2勝1敗1不戦勝  予選落ち

 関東VGCS個人戦6勝2敗  ベスト3

 大和VGCS8勝0敗  準優勝

 愛知VGCS3勝2敗  ベスト8

 関東VGCS7勝0敗  優勝

 関西VGCS2勝2敗2不戦勝  ベスト4

 大和VGCS1勝4敗  予選落ち

 愛知VGCS5勝3敗  準優勝

 

 合計66勝29敗で勝率69.0%でした。結構勝ててるイメージが自分の中でありましたが、8-0、7-0しても1-4など負け越す時がある為、安定して勝率を上げる事が出来ませんでした。7割ガチャだと思えば高性能ですが、来期はもっと勝率を安定させたいと思います。

 

 

 

 ・デッキ選択理由と方法解説

  最近のCSはトリオが主なので今回のデッキ選択理由はトリオを基準に解説します。

  僕はデッキ選択をする時

 ・環境クランに対してどれだけ有効か

 ・シェア数

 ・他クランの流行りのプレイと構築

  この3つで決めます。

 

 ・環境クランに対してどれだけ有効か

 これはCSに出る誰もが考えると思います。環境クランがなにをして来るかくらいは把握しておかないとすぐ倒されてしまいますからね。最近のヴァンガードはしっかりメタも回り出し、ただ強い事を押し付けて相手を倒す行為が難しくなって来ているので、より重要になって来ると思います。

 

 ・シェア数

 環境クランも基本5〜7クランは存在し、その他の環境の一部だけをメタしたデッキやプレイヤーが好きなデッキなどCSには色々なデッキを使う人がいます。その上で何がどれくらい流行り全体チーム数を比較してどれだけの人が使うかある程度予想します。この予想を元に、「〇〇は強いけど〇〇に弱いからチームに入れる人は少なそう」などチームと話し合い決めています。

 

 ・他クランの流行りのプレイと構築

 例を出すと「ナイトローゼ、ルアードには初回を取りたいからパーツよりも序盤を優先してバニラを入れよう」みたいな感じです。そしてギアクロのバニラが流行り出すと、「バニラがあると初回を取る事が厳しいから、序盤は点を余り詰めずにリアガードを潰して先乗りしよう」になりました。これはチームメイトと練習してお互いに意見を出し合うと見つけられやすいと思います。

 

 

 選択理由の3つを説明しましたが、ギアクロは毎回この3つを軽くクリアしてくれるので僕は今期握り続けました。雑に言うと時翔が強過ぎるんですよね、山から特定のカード出すとかチートですよ。

 今回はデッキ選択理由を書いたので、次回機会があれば練習方法などを書いてみようかなと思います。今年はリザルトランキング1位狙っているので、下半期も頑張ります!遠征も沢山して行くので名古屋、愛知、大阪組はよろしくお願いします!!

 閲覧ありがとうございました。

VGCS宣伝&ギアクロニクル解説

 ブログ書くの半年振りでパスワードとID忘れて新しく開設しました。えせです。

 今回は僕が運営する横浜VGCS+大和VGCSの宣伝と、関東VGCSで使用したギアクロニクルについて解説したいと思います。

 

 まずは宣伝から。7月1日(土)に神奈川県CARDBOX青馬堂矢向店様で第1回横浜VGCSを開催致します!URLはこちら↓

 

http://www.izazin.com/secret/X0I8Dew5hqm2_RsARjanbISVOlN_uw42835

 

 

 横浜VGCS4つのオススメ!

 

参加費が安い!

 横浜VGCSでは少しでも皆様が参加しやすい様に、参加費を多少でありますが減額させて頂く事にしました。1人辺り1200円でチームで3600円になります。これで毎回「あっ、CS行くから500円作らないと」みたいな事態になりません!

 

 ・会場にドリンクバーが付いている!

 会場であるCARDBOX青馬堂矢向店様では、ドリンクバーが付いており、横浜VGCSではドリンクバー使用可能となります。使用するに辺り300円必要となりますが、参加費1500円のCSでドリンク無料!とてもお得ですね。僕も参加したくなってきました。

 

 ・CF同好会関東支部の全面協力!

 運営として参加する僕とガミヌマはCF同好会関東支部という動画グループに所属しています。ヴァンガードの対戦動画やラジオなどを中心に活動している大人気動画グループです!すいません盛りました。URLはこちら↓

  https://www.youtube.com/watch?v=nWS54D2lHXY&sns=tw

 

 そしてなんと、横浜VGCSに出ると関東支部に出れちゃうんです! 予選1〜4回戦、決勝トーナメント1〜決勝までを動画撮影し、後日後日CF同好会関東支部の動画として配信させて頂きます!予選1戦目はランダムで動画撮影場所を決めさせて頂きますが、予選2戦目以降は上位卓から撮影させて頂きます。つまり、勝てば勝つ程関東支部に出演出来るチャンス!羨ましい〜!羨ましすぎる!

 

 ・2つのサブイベント!

 横浜VGCSでは本戦の他にも2種ののサブイベントをご用意させて頂きました!それは、

 

 ・新弾Box争奪戦

 ・えせに挑戦

 

 まずはBox争奪戦から。参加費500円で16人集まり次第随時開催していく個人戦です。形式はトーナメント1本先取になっておりますが、負けても人数が揃えば随時開催するので何度でも挑戦出来ます!

 

 次にえせに挑戦です!こちらは参加費無料で、その名の通り僕とヴァンガードして頂きます。僕に勝てばサプライなどをプレゼントさせて頂きます!こちらも何度でも挑戦出来るので、僕をボコしてサプライを沢山ゲットしちゃいましょう!

 

 4つに絞りましたが、まだまだ伝えたい魅力と詳細等は下記のURLをご覧下さい。7月1日横浜VGCSは主催運営共々お待ちしております!

 http://www.izazin.com/taikai/70792835

 

 

 

 

 

 

 次はまだ先の話ですが、9月16日(土)と17日(日)にぐんぐにーるさん主催で第9回大和VGCSを開催致します!

 16日(土)は3人チーム被りなしで、17日(日)は5人チーム被りなしだそうです!とても重要な事なのでチームを組む際は忘れずに!なんと嬉しい事に、翌日の18日は祝日の為遠征勢の方にも配慮しています!翌日仕事や学校が無い方は、打ち上げでいくら騒いでも大丈夫ですね!

 

 そして1番の目玉はなんと言っても、新作プレイマット制作との事です!!

 

 前回のアーシャ&トコハのプレイマットは大人気で、公認大会等で使用している人をよく見かけます。かく言う僕も愛用させて頂いてます!

 概要に致しましては、今週5月27日(土)開催の第8回大和VGCSが終わり次第公開予定との事です!

 

 

 

 

 

 

  次は久しぶりにギアクロニクルの解説記事書きます。とりあいずレシピは前回の関東VGCSで使用したものを紹介。結果は優勝で個人7-0してます。

 

 f:id:eseumagonn8001:20170524172054j:image

  1.  

•G4

 超刻龍ファンロン×1

 超刻龍オルタード・ドラゴン×1

 時空龍ワープドライブ・ドラゴン×2

 クロノドラゴン・ネクステージ×3

 クロノドラゴン・GG×2

 時空龍ビヨンドオーダー・ドラゴン×1

 エアーエレメント シブリーズ×1

 久遠の時乙女 ウルル×1

 遡る時乙女ウルル×1

 ハイブロースチーム ラファンナ×1

 時空龍ヘテロラウンド・ドラゴン×2

 

 •G3

  クロノジェット・ドラゴン・G×4

  クロノファングタイガー・G×2

 

• G2

  ヒストリーメーカー・ドラゴン×4

  ディレイドブレイザー・ドラゴン×2

  グリマーブレス・ドラゴン×1

  スチームナイト・カリブム×3

 

 •G1

  スチームメイデン・アルリム×4

  スチームブレス・ドラゴン×4

  スチームメイデン・メラム×4

  ティックアウェイ・ドラゴン×2

  スチームスナイパー・リシュマ×1

  スチームメイデン・メスキア×1

 

 •G0

  ドキドキ・ワーカー×4

  スチームバトラー・ウル・ワタル×1

  邯鄲の夢のギアキャット×1

  クロノドーズ・シープ×4

  スチームエンジニア クシャアンナ×2

  クロノセラピー・ハムスター×4

  チクタク・ワーカー×1

  クロノ・ドラン×1(FV)

 

 •デッキ選択理由

 この時はFC2017発売後初めてCSという事もあり、GB8とGGが強力で自力のあるクランは環境が上がる事が予想出来た為、自力のあるクランは一通り触りました。その中でもギアクロニクルは連パン、Vスタ、安定したリソース確保、相手ターン干渉などが出来るためチームに1人は採用したいという事で採用しました。最近では色々なクランが連パンや安定したリソース確保が出来るようになり、ギアクロニクルの強みが薄れ始めてると思っているんですが、その中でも質が頭1つ抜けていると感じます。

 

 

 •採用理由とか使い方

 •G4

 超刻龍ファンロン×1

 基本的に初回超越の選択肢の1つ。ナイトローゼ相手に乗ることが多いです。理由としては、盤面に置いておくと砲撃手やドラクートで処理されてしまう為でした。しかし、今回の構築はメラム、ヒステリー共に各4枚ずつ採用する事によりパーツを引き込みやすくした為そのルートを取る時が今までの構築よりも少なくなり、練習段階では最大パンチ数増加と、ノーコスという事もあり時空龍エポックメイカー・ドラゴンを採用していました。

 ですが、ファンロンは回収だけではなく、盤面に出す事も出来、様々なルートが取れるため今回はファンロンを採用しました。

 

 

 •超刻龍オルタード・ドラゴン×1

 アルカを採用していた時はバインドゾーンが溜まるため、貴重なCC手段として用いていましたが、今回の構築ではほぼ使う事はありません。

 超越コストが無い場合手札の十二支刻獣をバインドする事で超越可能。僕はナイトローゼ相手に序盤から札をあり得ない速度で叩きつけるので、十二支刻獣1枚超越出来るスキルはとても気に入ってます。かつクロノジェット・Gのスキルも使用可能で時翔も可能。山上5枚を確認して2枚バインドのスキルは返しにギア・GGに超越した場合(ファンロンスキルコピー)とても重要になります。

 カオス戦ではバインドゾーンの数にもよりますが、ネクステージを使う前の繋ぎとしてVのパワーを上げて完全を切らせる為にも使います。

 

 

 •時空龍ワープドライブ・ドラゴン×2

 クロノジェット・Gのスキルと合わせてバトル前に2回の時翔をする事が出来、ほぼ確実にギアクロの定番ルートメラムヒステリーに繋がる事が出来ます。

 除去のスキルも非常に強力で、ルアード戦ではファング・Gと合わせて相手の左右の後列を山下に送り、返しにルアードの超越スキルを使わせないようにするのは鉄板です。

 たまに忘れがちですが、ワープは表にするカードに指定はなく、Gゾーンの表のワープの数だけ時翔し、時翔したユニットの数以下のGを持つユニットを山下に送ります。その為CBとSB1、Gゾーンのファンロンを表にして時翔はせず、相手のG0以下を山下に送るなんて事も出来ます。

 

 

 •クロノドラゴン・ネクステージ×3

 コストの軽さに見合わない殺意は未だ健在ですが、昔と違いただのネクステージのVスタだけでは勝てる相手は少なくなってきました。その為、横の攻撃でどれだけ連パンする事が出来るかが鍵です。

 カオス戦では基本両面が縛られ連パンが出来ないので、ネクステージが剥がれた後のクロノジェット・ドラゴン・Gのパワーを上げるようにしないと勝てません。その為ネクステージはできるだけ温存した方が勝ちに繋がります。

 

 

 •クロノドラゴン・GG×2

 Gゾーンも表の自動効果のギアドラゴンのスキルをコピー出来ます。この構築でコピー出来るのはネクステージ、ファンロン、ヘテロだけです。

 雑に言うとネクステージの強化版なんですが、出来る事がかなり違います。ギア・GGは、GB3でSB1でGゾーンのカード1枚を表にして自身にパワー+5000出来ます。これにより、2回目の超越から31000のネクステージ下が26000で殴ってきます。恐ろしいです。なおかつSB1が重要で、ソウルにチクタクがあり、場にティックがある場合手からディレイドを出し自身のスキルで時翔。これによりティックが起動して、ドロップのチクタクを山下に戻す事が出来ます。前のターンにソウルを吐く動きが出来なかった場合の動きもケアしているのです。

 

 

 •時空龍ビヨンドオーダー・ドラゴン×1

 ナイトローゼとの練習中でゲームが長引いた時に一度乗る場面があり、そのままかっこいいから入れたのが採用理由です。

 ナイトローゼには時翔とワタルなどで山を薄くしてネクステージで捲る時に山の質を上げるのが基本プランの1つです。それも踏まえて噛み合ってはいるので入れておきました。ちなみにCSでは1度も使ってません。 

 後山を作り直す時に使ったりしてましたが、そこまでゲームを持って行くよりも襲って倒す方が楽なのでおすすめしません。

 

 

 •エアーエレメント シブリーズ×1

 バニラを抜いてパーツを増やしたので、シブリーズが強くなってて感動しました。

 

 

 •久遠の時乙女 ウルル×1

 FCで追加されたGGで、これがまた強いです。ナイトローゼなど相手に序盤から殴る為に完全などを投げ捨てるギアクロは、星などで詰められた時にVの攻撃を1枚で守れるこのカードは非常に強力で、連パンをしてこないリンク相手に使うとよく分かると思います。

 ですが、使うゲーム自体は少ないので必須カードではないと思います。

 

 

 •遡る時乙女 ウルル×1

 何相手にも、どこで切っても強いGGです。ノータイムでドロップのカードを戻せるのはパーツ頼りなギアクロには必須カードでこれからも抜けることはほぼ無いと思います。

 

 

 •ハイブロースチーム・ラファンナ×1

 練習段階では、ナイトローゼ、カオスを見ると使用回数も少ないし抜くのも視野と思っていましたが、流石に節穴でした。ラファンナ→ギアキャット設置→ヘテロ→V10000パンプや返しの為にチクタクやワタルを設置、単純なほぼノーコス25000ガードなど抜けませんでした。

 

 

 •時空龍ヘテロラウンド・ドラゴン×2

 規制前の環境なのでまだ2枚です。裏目もありますが、相手ターン干渉が弱いわけもなく、ましてやコストのSB1が強い始末。新制限後はヘテロの枠がどうなるのか楽しみです。

 

 

 •G3

 • クロノジェット・ドラゴン・G×4

 メインVで優先的に乗りたいので4枚。超越時ノーコス時翔。ゲーム中盤から超越しなくても単騎で超越後のパワーを出せる。Rの十二支刻獣のパワーアップなど、1枚であり得ないくらい仕事できます。これからもメインVですね。

 

 

 •クロノファング・タイガー・G×2

 前回使用したレシピから、採用枚数を1枚増やしました。ゲーム中使わなかったゲームが無かったことと、除去の追加、ルートの追加が理由です。

 時空龍エポックメイカー・ドラゴンを採用していた時は1枚抜いて、スチームメイデン・イミを採用していました。

 

 

 •G2

 ヒステリーメーカー・ドラゴン×4

 前回の構築から枚数を増やしました。バニラ全抜きした枠から追加したカードです。

 元々バニラを採用していた理由がナイトローゼ、ルアードから初回超越を奪い取る事でした。しかし、最近ではナイトローゼは初回までにギアのリアガードを潰して先乗りして来たら、ルアードはグロヌ採用型が増え始め、バニラを採用している構築を見かける事が少なくなってきました。そうなるとバニラを採用するメリットが無くなった為、今回はパーツであるヒステリーをふやしました。

 

 

 ・ディレイドブレイザー・ドラゴン×2

  度々リシュマブーストした時に捲ってディレイドが無くなったり、手から置いても強いので枚数を増やして回していますが、結局戻って2枚採用。地味に名称指定があります。

 

 

 ・グリマーブレス・ドラゴン×1

 今回新しく採用したカード。新たに増えると予想されたカオスにとても有効で、既に環境にいるギアクロ、ナイトローゼ、ルアードに対しても有効な為採用しました。コストが少し重く感じる事がありますが、それでも現環境なら必須レベルだと感じています。

 カオス相手にメラムチクタク→グリマー猫を使うと泡吹いて倒れるのでおすすめです。

 

 

 ・スチームナイト・カリブム×3

 G2の採用枚数を減らしたので、枚数を減らすか迷いましたが、どの対面でも刺さらない相手はいなく、特にナイトローゼ相手にはゲーム序盤から終盤まで確実に必要なので3枚採用。

 

 

 ・G1

 ・スチームメイデン・アルリム×4

 前回まではアルカだったのですが、アルリムに。アルカ未採用は基本的にバニラと同じ理由で相手のプレイや構築が変化した事が原因で、完全を回収して長いゲームにする意味がない事にあります。

 アルリムに変更した事により、雑にヒステリーでCBを使っても完全を投げるだけでCCが出来るので、ゲームを作るのが楽になる時が多かったです。

 

 

 ・スチームブレス・ドラゴン×4

  いくらオルタードやドランがありケア方法があるからといって、抜くカードでは無かったので4枚採用。パーツではないので序盤から無理せず流れるのも優秀です。

  たまに見かけるのですが、山にクロノジェット名称が2枚しかない時に無理して効果を使い山を薄くしない方が良いと思います。ドランからサーチ対象がいなくなる恐れもあり、山を薄くして効果があるのは基本超越後なので(トリプルドライブがあるから)スキルを使用しない場面もあります。

 

 

 •スチームメイデン・メラム×4

 バニラ抜いた枠から入れたパーツです。ギアクロの連パンの鍵であり、規制候補の1人です。

 連パンの要ですが、デッキ構築においてはスチームブレスよりも優先度は低いです。超越しないと何も始まりませんからね。今回はパーツ増加をしたため迷わず4枚採用。

 

 

 •ティックアウェイ・ドラゴン×2

 前回までは1枚のみの採用でしたが、

 • 確実に必要なゲームの時にダメージに落ちたらケアが出来ない

 • 時翔からではなく、手から置く確率を上げたい

 •カオス増加をみて

 以上の理由から採用枚数を増やしました。一応ビヨンドオーダーの為でもあります。

 

 

 ・スチームスナイパー・リシュマ×1

  序盤からスキルを使え、超越後も腐らず仕事してくれるのでもう1枚採用か迷いましたが、Vブースト時限定で全てのゲームで使うわけではないので体感10戦やって8戦くらいですね。めっちゃ使ってました。

 ですが今回は、ティックを2枚採用にした方がメリットが多いと判断したためリシュマを1枚に。2枚でも強いと思います。

 

 

 •スチームメイデン・メスキア×1

 時翔限定ですが、ノーコスワンドローに加えて+4000は非常に強力で、ヒステリーにパワーを振って単騎で殴れたり、カオス戦ではオルタードターンにパワーを振れば+4000も役に立つ時があります。

 単純にワタルが落ちた時にリソース確保になってくれたり個人的には必須枠です。

 

 

 •G0

 •ドキドキ・ワーカー×4

  今の環境は流石に減らしてまで入れるカードが無いので4枚必須。ソウルが増える事がメリットの多いクランでもあり、メラムによって簡単にサーチ出来るのも強みです。

 ギアに対してはナイトローゼなどが良く4ノーをしてくるので星の枚数を増やすか迷いましたが、基本横で点数を詰めるのでVノーされる事が少なく、現環境はドロートリガーを増やす方がメリットが多いので不採用に。

 

 

 •スチームバトラー・ウル・ワタル×1

  強いので入れましょう。

 

 

 •邯鄲の夢のギアキャット×1

  運命の歯車が発売され、ヘテロが登場した時はヘテロ+猫の相手ターン干渉が強すぎて2枚採用されていたらしましたが、今はドラクートなどの所為で猫を設置してターンを返す事が少なく、捲っても強い場面が少なかったので最低枚数だけ採用。

 

 

 •クロノドーズ・シープ×4

 ドロートリガーを入れるなら十二支刻獣なので優先的に採用。ギアクロは盤面に優先してドロートリガーを置いて殴る事は良くある事なので、(クロノジェット・Gでパワーが上がったり、盤面にG0がある事が強いから)

 

 

 •スチームエンジニア クシャアンナ×2

 現環境ならドロートリガーが1番捲って強いと思います。横で点を詰めるので星は捲って勝ちに繋がる事が少なく、覚醒も同じ理由です。ヒールは抜く事が出来ないので。

 環境のナイトローゼ、カオス、ギアクロにも捲って有利に運べるので6枚採用しています。

 何故ラッキーポッドではないかというと、ソウルに困るゲームは無く、序盤に前列に置いた時に相手のドキドキに殴られたりするのがバニラドローを採用しました。

 

 

 •クロノセラピー・ハムスター×4

 FCウルルは強い能力ですが、久遠の時乙女をGサークルに登場限定なので使いづらく採用を見送りました。

 ハムスターは十二支刻獣でありオルタードのコスト、クロノジェット・Gのパワーパンプを受けられたりと採用理由が多いので今回はこっちに。

 

 

 •チクタク・ワーカー×1

 入れましょう。

 

 

 •クロノ・ドラン×1(FV)

 単純に2アド再生出来る唯一のFV候補で、連パンルートの為にも使えるので変更する事はないと思います。

 

 

 

構築は3日に1回くらい変えるのでもうこの構築では無いのですが、今週開催の5月27日(土)大和VGCSの参考になれば幸いです。

 6月からは3度目の規制をくらい、他クランの強化で前よりも圧倒的に勝てなくなってきましたが、まだまだ勝てると思うので僕は握り続けると思います。ストレス溜まりますけどね。 

 

 長くなりましたが、閲覧ありがとうございました。