えせ物語

ヴァンガードのデッキ解説 レポート 宣伝

VGCS宣伝&ギアクロニクル解説

 ブログ書くの半年振りでパスワードとID忘れて新しく開設しました。えせです。

 今回は僕が運営する横浜VGCS+大和VGCSの宣伝と、関東VGCSで使用したギアクロニクルについて解説したいと思います。

 

 まずは宣伝から。7月1日(土)に神奈川県CARDBOX青馬堂矢向店様で第1回横浜VGCSを開催致します!URLはこちら↓

 

http://www.izazin.com/secret/X0I8Dew5hqm2_RsARjanbISVOlN_uw42835

 

 

 横浜VGCS4つのオススメ!

 

参加費が安い!

 横浜VGCSでは少しでも皆様が参加しやすい様に、参加費を多少でありますが減額させて頂く事にしました。1人辺り1200円でチームで3600円になります。これで毎回「あっ、CS行くから500円作らないと」みたいな事態になりません!

 

 ・会場にドリンクバーが付いている!

 会場であるCARDBOX青馬堂矢向店様では、ドリンクバーが付いており、横浜VGCSではドリンクバー使用可能となります。使用するに辺り300円必要となりますが、参加費1500円のCSでドリンク無料!とてもお得ですね。僕も参加したくなってきました。

 

 ・CF同好会関東支部の全面協力!

 運営として参加する僕とガミヌマはCF同好会関東支部という動画グループに所属しています。ヴァンガードの対戦動画やラジオなどを中心に活動している大人気動画グループです!すいません盛りました。URLはこちら↓

  https://www.youtube.com/watch?v=nWS54D2lHXY&sns=tw

 

 そしてなんと、横浜VGCSに出ると関東支部に出れちゃうんです! 予選1〜4回戦、決勝トーナメント1〜決勝までを動画撮影し、後日後日CF同好会関東支部の動画として配信させて頂きます!予選1戦目はランダムで動画撮影場所を決めさせて頂きますが、予選2戦目以降は上位卓から撮影させて頂きます。つまり、勝てば勝つ程関東支部に出演出来るチャンス!羨ましい〜!羨ましすぎる!

 

 ・2つのサブイベント!

 横浜VGCSでは本戦の他にも2種ののサブイベントをご用意させて頂きました!それは、

 

 ・新弾Box争奪戦

 ・えせに挑戦

 

 まずはBox争奪戦から。参加費500円で16人集まり次第随時開催していく個人戦です。形式はトーナメント1本先取になっておりますが、負けても人数が揃えば随時開催するので何度でも挑戦出来ます!

 

 次にえせに挑戦です!こちらは参加費無料で、その名の通り僕とヴァンガードして頂きます。僕に勝てばサプライなどをプレゼントさせて頂きます!こちらも何度でも挑戦出来るので、僕をボコしてサプライを沢山ゲットしちゃいましょう!

 

 4つに絞りましたが、まだまだ伝えたい魅力と詳細等は下記のURLをご覧下さい。7月1日横浜VGCSは主催運営共々お待ちしております!

 http://www.izazin.com/taikai/70792835

 

 

 

 

 

 

 次はまだ先の話ですが、9月16日(土)と17日(日)にぐんぐにーるさん主催で第9回大和VGCSを開催致します!

 16日(土)は3人チーム被りなしで、17日(日)は5人チーム被りなしだそうです!とても重要な事なのでチームを組む際は忘れずに!なんと嬉しい事に、翌日の18日は祝日の為遠征勢の方にも配慮しています!翌日仕事や学校が無い方は、打ち上げでいくら騒いでも大丈夫ですね!

 

 そして1番の目玉はなんと言っても、新作プレイマット制作との事です!!

 

 前回のアーシャ&トコハのプレイマットは大人気で、公認大会等で使用している人をよく見かけます。かく言う僕も愛用させて頂いてます!

 概要に致しましては、今週5月27日(土)開催の第8回大和VGCSが終わり次第公開予定との事です!

 

 

 

 

 

 

  次は久しぶりにギアクロニクルの解説記事書きます。とりあいずレシピは前回の関東VGCSで使用したものを紹介。結果は優勝で個人7-0してます。

 

 f:id:eseumagonn8001:20170524172054j:image

  1.  

•G4

 超刻龍ファンロン×1

 超刻龍オルタード・ドラゴン×1

 時空龍ワープドライブ・ドラゴン×2

 クロノドラゴン・ネクステージ×3

 クロノドラゴン・GG×2

 時空龍ビヨンドオーダー・ドラゴン×1

 エアーエレメント シブリーズ×1

 久遠の時乙女 ウルル×1

 遡る時乙女ウルル×1

 ハイブロースチーム ラファンナ×1

 時空龍ヘテロラウンド・ドラゴン×2

 

 •G3

  クロノジェット・ドラゴン・G×4

  クロノファングタイガー・G×2

 

• G2

  ヒストリーメーカー・ドラゴン×4

  ディレイドブレイザー・ドラゴン×2

  グリマーブレス・ドラゴン×1

  スチームナイト・カリブム×3

 

 •G1

  スチームメイデン・アルリム×4

  スチームブレス・ドラゴン×4

  スチームメイデン・メラム×4

  ティックアウェイ・ドラゴン×2

  スチームスナイパー・リシュマ×1

  スチームメイデン・メスキア×1

 

 •G0

  ドキドキ・ワーカー×4

  スチームバトラー・ウル・ワタル×1

  邯鄲の夢のギアキャット×1

  クロノドーズ・シープ×4

  スチームエンジニア クシャアンナ×2

  クロノセラピー・ハムスター×4

  チクタク・ワーカー×1

  クロノ・ドラン×1(FV)

 

 •デッキ選択理由

 この時はFC2017発売後初めてCSという事もあり、GB8とGGが強力で自力のあるクランは環境が上がる事が予想出来た為、自力のあるクランは一通り触りました。その中でもギアクロニクルは連パン、Vスタ、安定したリソース確保、相手ターン干渉などが出来るためチームに1人は採用したいという事で採用しました。最近では色々なクランが連パンや安定したリソース確保が出来るようになり、ギアクロニクルの強みが薄れ始めてると思っているんですが、その中でも質が頭1つ抜けていると感じます。

 

 

 •採用理由とか使い方

 •G4

 超刻龍ファンロン×1

 基本的に初回超越の選択肢の1つ。ナイトローゼ相手に乗ることが多いです。理由としては、盤面に置いておくと砲撃手やドラクートで処理されてしまう為でした。しかし、今回の構築はメラム、ヒステリー共に各4枚ずつ採用する事によりパーツを引き込みやすくした為そのルートを取る時が今までの構築よりも少なくなり、練習段階では最大パンチ数増加と、ノーコスという事もあり時空龍エポックメイカー・ドラゴンを採用していました。

 ですが、ファンロンは回収だけではなく、盤面に出す事も出来、様々なルートが取れるため今回はファンロンを採用しました。

 

 

 •超刻龍オルタード・ドラゴン×1

 アルカを採用していた時はバインドゾーンが溜まるため、貴重なCC手段として用いていましたが、今回の構築ではほぼ使う事はありません。

 超越コストが無い場合手札の十二支刻獣をバインドする事で超越可能。僕はナイトローゼ相手に序盤から札をあり得ない速度で叩きつけるので、十二支刻獣1枚超越出来るスキルはとても気に入ってます。かつクロノジェット・Gのスキルも使用可能で時翔も可能。山上5枚を確認して2枚バインドのスキルは返しにギア・GGに超越した場合(ファンロンスキルコピー)とても重要になります。

 カオス戦ではバインドゾーンの数にもよりますが、ネクステージを使う前の繋ぎとしてVのパワーを上げて完全を切らせる為にも使います。

 

 

 •時空龍ワープドライブ・ドラゴン×2

 クロノジェット・Gのスキルと合わせてバトル前に2回の時翔をする事が出来、ほぼ確実にギアクロの定番ルートメラムヒステリーに繋がる事が出来ます。

 除去のスキルも非常に強力で、ルアード戦ではファング・Gと合わせて相手の左右の後列を山下に送り、返しにルアードの超越スキルを使わせないようにするのは鉄板です。

 たまに忘れがちですが、ワープは表にするカードに指定はなく、Gゾーンの表のワープの数だけ時翔し、時翔したユニットの数以下のGを持つユニットを山下に送ります。その為CBとSB1、Gゾーンのファンロンを表にして時翔はせず、相手のG0以下を山下に送るなんて事も出来ます。

 

 

 •クロノドラゴン・ネクステージ×3

 コストの軽さに見合わない殺意は未だ健在ですが、昔と違いただのネクステージのVスタだけでは勝てる相手は少なくなってきました。その為、横の攻撃でどれだけ連パンする事が出来るかが鍵です。

 カオス戦では基本両面が縛られ連パンが出来ないので、ネクステージが剥がれた後のクロノジェット・ドラゴン・Gのパワーを上げるようにしないと勝てません。その為ネクステージはできるだけ温存した方が勝ちに繋がります。

 

 

 •クロノドラゴン・GG×2

 Gゾーンも表の自動効果のギアドラゴンのスキルをコピー出来ます。この構築でコピー出来るのはネクステージ、ファンロン、ヘテロだけです。

 雑に言うとネクステージの強化版なんですが、出来る事がかなり違います。ギア・GGは、GB3でSB1でGゾーンのカード1枚を表にして自身にパワー+5000出来ます。これにより、2回目の超越から31000のネクステージ下が26000で殴ってきます。恐ろしいです。なおかつSB1が重要で、ソウルにチクタクがあり、場にティックがある場合手からディレイドを出し自身のスキルで時翔。これによりティックが起動して、ドロップのチクタクを山下に戻す事が出来ます。前のターンにソウルを吐く動きが出来なかった場合の動きもケアしているのです。

 

 

 •時空龍ビヨンドオーダー・ドラゴン×1

 ナイトローゼとの練習中でゲームが長引いた時に一度乗る場面があり、そのままかっこいいから入れたのが採用理由です。

 ナイトローゼには時翔とワタルなどで山を薄くしてネクステージで捲る時に山の質を上げるのが基本プランの1つです。それも踏まえて噛み合ってはいるので入れておきました。ちなみにCSでは1度も使ってません。 

 後山を作り直す時に使ったりしてましたが、そこまでゲームを持って行くよりも襲って倒す方が楽なのでおすすめしません。

 

 

 •エアーエレメント シブリーズ×1

 バニラを抜いてパーツを増やしたので、シブリーズが強くなってて感動しました。

 

 

 •久遠の時乙女 ウルル×1

 FCで追加されたGGで、これがまた強いです。ナイトローゼなど相手に序盤から殴る為に完全などを投げ捨てるギアクロは、星などで詰められた時にVの攻撃を1枚で守れるこのカードは非常に強力で、連パンをしてこないリンク相手に使うとよく分かると思います。

 ですが、使うゲーム自体は少ないので必須カードではないと思います。

 

 

 •遡る時乙女 ウルル×1

 何相手にも、どこで切っても強いGGです。ノータイムでドロップのカードを戻せるのはパーツ頼りなギアクロには必須カードでこれからも抜けることはほぼ無いと思います。

 

 

 •ハイブロースチーム・ラファンナ×1

 練習段階では、ナイトローゼ、カオスを見ると使用回数も少ないし抜くのも視野と思っていましたが、流石に節穴でした。ラファンナ→ギアキャット設置→ヘテロ→V10000パンプや返しの為にチクタクやワタルを設置、単純なほぼノーコス25000ガードなど抜けませんでした。

 

 

 •時空龍ヘテロラウンド・ドラゴン×2

 規制前の環境なのでまだ2枚です。裏目もありますが、相手ターン干渉が弱いわけもなく、ましてやコストのSB1が強い始末。新制限後はヘテロの枠がどうなるのか楽しみです。

 

 

 •G3

 • クロノジェット・ドラゴン・G×4

 メインVで優先的に乗りたいので4枚。超越時ノーコス時翔。ゲーム中盤から超越しなくても単騎で超越後のパワーを出せる。Rの十二支刻獣のパワーアップなど、1枚であり得ないくらい仕事できます。これからもメインVですね。

 

 

 •クロノファング・タイガー・G×2

 前回使用したレシピから、採用枚数を1枚増やしました。ゲーム中使わなかったゲームが無かったことと、除去の追加、ルートの追加が理由です。

 時空龍エポックメイカー・ドラゴンを採用していた時は1枚抜いて、スチームメイデン・イミを採用していました。

 

 

 •G2

 ヒステリーメーカー・ドラゴン×4

 前回の構築から枚数を増やしました。バニラ全抜きした枠から追加したカードです。

 元々バニラを採用していた理由がナイトローゼ、ルアードから初回超越を奪い取る事でした。しかし、最近ではナイトローゼは初回までにギアのリアガードを潰して先乗りして来たら、ルアードはグロヌ採用型が増え始め、バニラを採用している構築を見かける事が少なくなってきました。そうなるとバニラを採用するメリットが無くなった為、今回はパーツであるヒステリーをふやしました。

 

 

 ・ディレイドブレイザー・ドラゴン×2

  度々リシュマブーストした時に捲ってディレイドが無くなったり、手から置いても強いので枚数を増やして回していますが、結局戻って2枚採用。地味に名称指定があります。

 

 

 ・グリマーブレス・ドラゴン×1

 今回新しく採用したカード。新たに増えると予想されたカオスにとても有効で、既に環境にいるギアクロ、ナイトローゼ、ルアードに対しても有効な為採用しました。コストが少し重く感じる事がありますが、それでも現環境なら必須レベルだと感じています。

 カオス相手にメラムチクタク→グリマー猫を使うと泡吹いて倒れるのでおすすめです。

 

 

 ・スチームナイト・カリブム×3

 G2の採用枚数を減らしたので、枚数を減らすか迷いましたが、どの対面でも刺さらない相手はいなく、特にナイトローゼ相手にはゲーム序盤から終盤まで確実に必要なので3枚採用。

 

 

 ・G1

 ・スチームメイデン・アルリム×4

 前回まではアルカだったのですが、アルリムに。アルカ未採用は基本的にバニラと同じ理由で相手のプレイや構築が変化した事が原因で、完全を回収して長いゲームにする意味がない事にあります。

 アルリムに変更した事により、雑にヒステリーでCBを使っても完全を投げるだけでCCが出来るので、ゲームを作るのが楽になる時が多かったです。

 

 

 ・スチームブレス・ドラゴン×4

  いくらオルタードやドランがありケア方法があるからといって、抜くカードでは無かったので4枚採用。パーツではないので序盤から無理せず流れるのも優秀です。

  たまに見かけるのですが、山にクロノジェット名称が2枚しかない時に無理して効果を使い山を薄くしない方が良いと思います。ドランからサーチ対象がいなくなる恐れもあり、山を薄くして効果があるのは基本超越後なので(トリプルドライブがあるから)スキルを使用しない場面もあります。

 

 

 •スチームメイデン・メラム×4

 バニラ抜いた枠から入れたパーツです。ギアクロの連パンの鍵であり、規制候補の1人です。

 連パンの要ですが、デッキ構築においてはスチームブレスよりも優先度は低いです。超越しないと何も始まりませんからね。今回はパーツ増加をしたため迷わず4枚採用。

 

 

 •ティックアウェイ・ドラゴン×2

 前回までは1枚のみの採用でしたが、

 • 確実に必要なゲームの時にダメージに落ちたらケアが出来ない

 • 時翔からではなく、手から置く確率を上げたい

 •カオス増加をみて

 以上の理由から採用枚数を増やしました。一応ビヨンドオーダーの為でもあります。

 

 

 ・スチームスナイパー・リシュマ×1

  序盤からスキルを使え、超越後も腐らず仕事してくれるのでもう1枚採用か迷いましたが、Vブースト時限定で全てのゲームで使うわけではないので体感10戦やって8戦くらいですね。めっちゃ使ってました。

 ですが今回は、ティックを2枚採用にした方がメリットが多いと判断したためリシュマを1枚に。2枚でも強いと思います。

 

 

 •スチームメイデン・メスキア×1

 時翔限定ですが、ノーコスワンドローに加えて+4000は非常に強力で、ヒステリーにパワーを振って単騎で殴れたり、カオス戦ではオルタードターンにパワーを振れば+4000も役に立つ時があります。

 単純にワタルが落ちた時にリソース確保になってくれたり個人的には必須枠です。

 

 

 •G0

 •ドキドキ・ワーカー×4

  今の環境は流石に減らしてまで入れるカードが無いので4枚必須。ソウルが増える事がメリットの多いクランでもあり、メラムによって簡単にサーチ出来るのも強みです。

 ギアに対してはナイトローゼなどが良く4ノーをしてくるので星の枚数を増やすか迷いましたが、基本横で点数を詰めるのでVノーされる事が少なく、現環境はドロートリガーを増やす方がメリットが多いので不採用に。

 

 

 •スチームバトラー・ウル・ワタル×1

  強いので入れましょう。

 

 

 •邯鄲の夢のギアキャット×1

  運命の歯車が発売され、ヘテロが登場した時はヘテロ+猫の相手ターン干渉が強すぎて2枚採用されていたらしましたが、今はドラクートなどの所為で猫を設置してターンを返す事が少なく、捲っても強い場面が少なかったので最低枚数だけ採用。

 

 

 •クロノドーズ・シープ×4

 ドロートリガーを入れるなら十二支刻獣なので優先的に採用。ギアクロは盤面に優先してドロートリガーを置いて殴る事は良くある事なので、(クロノジェット・Gでパワーが上がったり、盤面にG0がある事が強いから)

 

 

 •スチームエンジニア クシャアンナ×2

 現環境ならドロートリガーが1番捲って強いと思います。横で点を詰めるので星は捲って勝ちに繋がる事が少なく、覚醒も同じ理由です。ヒールは抜く事が出来ないので。

 環境のナイトローゼ、カオス、ギアクロにも捲って有利に運べるので6枚採用しています。

 何故ラッキーポッドではないかというと、ソウルに困るゲームは無く、序盤に前列に置いた時に相手のドキドキに殴られたりするのがバニラドローを採用しました。

 

 

 •クロノセラピー・ハムスター×4

 FCウルルは強い能力ですが、久遠の時乙女をGサークルに登場限定なので使いづらく採用を見送りました。

 ハムスターは十二支刻獣でありオルタードのコスト、クロノジェット・Gのパワーパンプを受けられたりと採用理由が多いので今回はこっちに。

 

 

 •チクタク・ワーカー×1

 入れましょう。

 

 

 •クロノ・ドラン×1(FV)

 単純に2アド再生出来る唯一のFV候補で、連パンルートの為にも使えるので変更する事はないと思います。

 

 

 

構築は3日に1回くらい変えるのでもうこの構築では無いのですが、今週開催の5月27日(土)大和VGCSの参考になれば幸いです。

 6月からは3度目の規制をくらい、他クランの強化で前よりも圧倒的に勝てなくなってきましたが、まだまだ勝てると思うので僕は握り続けると思います。ストレス溜まりますけどね。 

 

 長くなりましたが、閲覧ありがとうございました。