えせ物語

ヴァンガードのデッキ解説 レポート 宣伝

横浜VGCSクラン分布について&VGCS宣伝

 はいどうも、えせです。

 先日7月1日第1回横浜VGCSが無事終了しました!今回は僕は参加者ではなく運営として参加しました。CS主催もやろうと考えているので、とても勉強になる1日でした!

 

 

 

 鬼神降臨環境に入ってから関西では愛知VGCSと魔王杯が行われてましたが、関東圏では初のVGCSでした。これにより関東、関西両方の現環境の上位レシピも上がり環境が大分固定化されると思います。

↓横浜VGCSクラン分布

f:id:eseumagonn8001:20170704010201j:image

 

 今回はこの分布を元に、僕なりにデッキ選択理由や配置場所について解説したいと思います。その後第1回横浜VGCS準優勝チームのチームウマゴンのタイチョー(ダークイレギュラーズ使用)に参加者側視点のデッキ選択や、配置所についてのインタビューして来たので、インタビュー記事を書きたいと思います。

 最後にVGCS情報もあるので最後まで読んでくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 ・デッキ選択と配置場所考察

  使用クランがあまりにも多い為、使用率が二桁台のクランだけ考察したと思います。

 

 

 グランブルー (使用率1位)

 使用数18  先鋒3  中堅10  大将5

 決勝トナメ進出率4 (22%)

 

 

 使用率と進出率

 納得の使用率だと思います。鬼神降臨発売後最初の愛知VGCSでは新弾クランがチームに多く採用されダクイレやジェネシス増加も予想され新弾強化もなく、プレイ難易度の高いナイトローゼの使用率は減少していました。しかし、発売から日も立ち新弾クランへの回答を見つけたナイトローゼが息を吹き返し今回の使用数に繋がったのだと思います。デッキパワーも高く広く立ち回れるので使えるメンバーがいるなら採用だと思います。

 

 

 席順

 中堅が1番多いですね。恐らくブラスター、かげろうが多く座ると予想した人が多かったのでしょう。結果中堅にはかげろう3、ロイパラ6でしたが、それでもナイトローゼは有利対面が多く、デッキパワーがあるので割とどこに座っても不自由は少ないと思います。

 

 

 ダークイレギュラーズ (使用率2位)

 使用率15  先鋒4  中堅4  大将7

 決勝トナメ進出率5 (33%)

 

 

 使用率と進出率

 新弾により一気に強化され使用率はギアクロを抑えて2位で、決勝トナメ進出率は1位です。徐々に使用数が増えて来ており、今までは使用数が少なかったですが、これからはミラー意識が大切になりそうです。デマゴーグ全ツですが。

 

 

 席順

 大将が1番多いです。ナイトローゼを見てだと思います。強いGBデッキを大将に置く傾向は昔からあるので1つ前の環境ではギアクロ、ナイトローゼが大将に多く見かけました。その為ダクイレを大将に置いたのでしょう。しかし使用数が多く、その考えが裏目に出てミラーを踏んでいた人達を多く見かけました。これからもシェアは減らなそうなので、ナイトローゼを採用するチームは読みが大切になるでしょう。

 

 

 

 ギアクロニクル (使用率3位)

 使用数14  先鋒5  中堅2  大将7

 決勝トナメ進出率4 (29%)

 

 

 使用率と進出率

 ナイトローゼとは違い新弾により強化が入り、新しいルートが増え構築も変わり、もっと使用数があると思いましたが規制も相まってこの使用数に落ち着きました。

 どのCSでも決勝トナメ進出率は安定して高く、ナイトローゼと同じく対応力が高いクランなので採用しないチームは少ないと思います。今回の結果を元にもう少し使用数が上がってもおかしくないと思います。

 後ドランGがFVの人達を多く見かけました。関東支部で撮影する事決定したので、使用してる人はUPするの気長に待っていて下さい。

 

 

 席順

 中堅と大将に配置してるチームが多いです。ナイトローゼと同じで大将に毎回配置しているチームが多く、かく言う僕もギアクロを使用して大将に座る事が多いです。ちなみに僕が大将に座る理由は、対ナイトローゼの練習を1番しているのでナイトローゼと当たりたいからです。と言うかナイトローゼとしか基本練習してないので他当たると訳わからなくて負けます。

 

 

 

 

 ロイヤルパラディン (使用率同率4位)

 使用数13  先鋒5  中堅6  大将3

 決勝トナメ進出率2 (14%)

 

 

 使用率と進出率

 新弾強化によりサンクの数が一気に減りブラスター1色でした。最高です。人気クランなのもあり使用率は高かったのですが、決勝トナメ進出率は2と少ないです。理由として上げられるのはデッキとして弱くはないのですが、不利対面が多過ぎるからでしょう。ギアクロ、ナイトローゼには一定の所まで行くと勝つ事が不可能にすらなるのでとても厳しいです。今後の使用率は減少すると予想出来るでしょう。

 

 

 席順

 先鋒と中堅に多いです。これは前環境のギアクロ、ナイトローゼの席順を読み避けているのでしょう。

 毎回アグロデッキ(ブラスターは違いますが)は先鋒にいる事が多い為、ロイパラは先鋒に固まっていたのでしょう。

 

 

 

 かげろう (使用率同率4位)

 使用数13  先鋒6  中堅3  大将4

 決勝トナメ進出率4 (31%)

 

 

 使用率と進出率

 新弾強化により一気に環境まで登りつめ、人気クランなのもあり使用率はかげろうと同率4位です。

 GGが非常に強力で前後列に触れる事が出来、なるかみと同じで依存しがちですが、コンローで確定サーチが出来るため先乗りしてもゲームを有利に進める事が出来ます。その安定感から決勝トナメ進出率もロイパラの倍の数値です。これからも二桁台の使用率を誇ると思います。

 

 

 席順

 先鋒に1番多く配置にされていますが、均等にばらけています。これはVスタと相手ターン干渉によりどのクランにもそれなりに戦えるからだと思います。つまりゴリ押しです。

 ギアクロも適当にメラムメラムとかやるとベローグで痛い目に合いますし、ズィーゲンのドライブで4→3ヒールに3→5星とか当てられると割と負けます。ナイトローゼもレイジーみっく+万パンプがかけられない時が多くゴリ押しされる時がたまにあります。多分。

 

 

 

 

 ・参加者視点のデッキ選択+配置場所 

  横浜VGCS準優勝チームのタイチョーにクラン選択+配置場所についてインタビューして来ました!ウマゴンでは配置場所の考察にかなり力を入れていて、(主に僕とタイチョーだけ)その甲斐もあり、有利対面を踏む事が多いです。その為今後のクラン選択などの参考になると思います!

 

 

 えせ「じゃあまずデッキ選択から理由を教えてくれ」

 

 タイチョー「とりあいずデッキ選択の前に使用率の予想をしてギアクロ→グランブルー→かげろう→ロイパラ→ダクイレ→ぬばたま→ジェネシス→シャパラでグランブルーとかげろうは同じくらいだと予想してた」

 

  タイチョー「ギアクロは確定だと思ってたからウルに使わせた。選択肢としてローゼ、かげろう、ロイパラに絞ってムシはかげろう俺はダクイレの練習を始めた。」

 

  えせ「選択肢結構あるけど、どうしてムシはかげろう、タイチョーはダクイレに絞ったの?」

 

 タイチョー「ウルの選択肢にギアローゼがあってその2つに被らない選択肢にしたかったのが理由。最初ムシがダクイレだったんだけど、相手によって点を止めるプレイがあってそれがムシはストレスらしくて俺にダクイレ預けてかげろう練習させた。」

 

 えせ「点止めるプレイがストレスとかあいつランナー使い過ぎだろ🏃 タイチョーはそのままダクイレ使ったんだね」

 

 タイチョー「ダクイレはそのまま練習次第でどうにかなると思ってたから練習してたんだけど、ムシのかげろうが使用率の高いギア、ローゼ、ダクイレに厳しいと考えて他の選択肢考え始めたんよね」

 

 タイチョー「そこで今の環境はサンクが少ないと読んでたし、GBデッキが主に使われてるからランナーが候補に上がった。で、あいつランナー上手いからそのまま握らせた」

 

 えせ「ランナーの読みはかなり正しくてロイパラ13のうちサンクは3しかいなかったよ。じゃあ次に席順について教えてくれい」

 

 タイチョー「席順は関東での新環境だからあんま深く考えはしなかったんだけど、大将には強いGBデッキ(ギアローゼ)を置くチームが少なくないからジェネシスを置くなら大将だと予想。理由としては今の環境サンクがあまり強くなく向い風であると思い使用率下がる+今のギアクロは引が多いからギアに対しても今まで通り、もしくは今まで以上に厳しいから居ても大将じゃないと思った」

 

 えせ「だからランナー大将に置いたのね」

 

 タイチョー「そゆこと。次に中堅、中堅にはロイパラ、ダクイレ、シャパラ辺りと予想。ギアは来ても大将or先鋒だと予想したのでどれにも対応出来、不利を取らないギアを中堅に選択」

 

 えせ「これも良い選択だね。ギアは使用数14で中堅には2しか座ってなかったよ。じゃあ次に先鋒のダクイレについて教えて」

 

 タイチョー「先鋒は正直大将じゃなかったギア、ロイパラ以外何が来るのか予想出来なかった。だから先鋒は余り枠で一応何を踏んでもデマゴアサシンで初回から倒せるダクイレを選択した」

 

 えせ「その考えで挑んだから構築からデマゴアサシン意識してサイクス採用したのか。納得納得。じゃあ最後に今回1番悩んだクランは?」

 

 タイチョー「1番悩まされたのはぬばたまの使用率と席順。デッキ構築でメタれないし、知識不足で分からん殺しの可能性もあるからどこに座るか、何人使用者がいるか全く考慮せずに席順決めたね」

 

 えせ「決勝で無事ぬばたま踏んで負けてるの結構面白いねw」

 

 えせ「インタビューはこれで終わり!協力ありがとうございました!改めて準優勝おめでとう!」

 

  タイチョー「給料。賛辞は良いから金をくれ」

 

  えせ「うるせえ3-4」

 

 以上!タイチョーへのインタビュー記事でした!好評だったらまたやりたいと思います。

 

 

 

 

VGCS情報

 まずは8月に行われるヴァンガード界史上最大規模のあのCSから!

 8月6日、バトロコ柏駅前店にて開催のNextGenerationLeague2017!略してNGL!

 

↓概要はこちらから

 【ヴァンガード】Next Generation League 2017 大会概要 - 2017/08/06(日)/3人チーム戦/定員:96チーム (288人)|イザジン

 

 

 数多くの魅力があるNGLですが、何と言っても目玉はここでしか手に入らない特製プレイマット!次回いつ開かれるか未定の大規模イベントですので、他のプレイマットを配布するVGCSとは違いここを逃したらもう手に入らないかも!?

 

 ↓画像は配布予定のプレイマットデザイン

f:id:eseumagonn8001:20170704231132j:image

 カッコ良すぎます。僕も何としてでも優勝して手に入れたいと思います!

 

 

 そんなNGLですが、残念な事に定員MAXでもう本戦に参加する事は出来ません。しかし、そんな人の為にもまだチャンスはあります!NGLでは大会前日の8月5日にNGL前日祭を開催する事が決定しました!

 

↓概要はこちらから

 【ヴァンガード】NGL前日祭 大会概要 - 2017/08/05(土)/3人チーム戦/定員:36チーム (108人)|イザジン

 

 

 本戦に参加出来なかった人はもちろん、前日に質の高い調整をしたい人も誰でも楽しみながら参加する事が出来ます!サブトーナメントではプレイマット争奪戦も予定しております!7月7日から受付開始なので、チームメンバーを探している方はTwitterで#NGL前日祭チーム募集を使うと見つけられると思います!

 

 

 

 そしてなんとNGLでは公式Lineアカウントがあるみたいです!Lineアカウントを用いてオンラインマッチングの発表も予定している為、参加者の皆様は是非ともご登録なさるようにしましょう!

 

 ↓画像はNGL公式アカウントQRコード

 f:id:eseumagonn8001:20170704233243j:image

 

 

 

 

 

 次に紹介するのは関東圏屈指の人気VGCS!

 今回は9月16日 17日と両日開催をする大和VGCSです!

 f:id:eseumagonn8001:20170704233826j:image

 ↓概要UR

 第9回概要【ヴァンガード】第9回大和VGCS 大会概要 - 2017/09/16(土)/3人チーム戦/定員:64チーム (192人)|イザジン

 第10回概要【ヴァンガード】第10回大和VGCS 大会概要 - 2017/09/17(日)/5人チーム戦/定員:48チーム (240人)|イザジン

 

 今回の開催で第9回、10回と迎える大和VGCSですが、新作プレイマット制作です!みなさん早く見たくてウズウズしていると思いますが、気長に待ちましょう。

 1日目の16日は現在57チームが登録が完了。2日目の17日は、現在39チームが登録完了しているとの事です!まだ2ヶ月弱開催まで時間はありますが、大人気CSなので油断しているとすぐ埋まってしまいます!

 メンバーをお探しの方は、Twitterにて#大和VGCSで探してみるまたは、主催のぐんぐにーるさんに相談してみると良いでしょう!とても優しく紳士的対応でかならず力になってくれます!

 

 

 

 NGLと同じく大和VGCSでも公式Lineアカウントが制作されました!

 こちらもLineアカウントを用いてマッチング発表も予定している為、参加者の皆様は是非ともご登録なさるようにしましょう!!

 

 ↓画像はQRコード

f:id:eseumagonn8001:20170704235254j:image

 

 

 長くなりましたが今回はこの辺で!最後まで閲覧ありがとうございました!