えせ物語

TCGについて書きます 主にヴァンガード

デッキ解説-有限ループペイルムーン

 

 今回はペイルムーンの解説と、VGCSの宣伝になります。まずはCS宣伝から!

 

【11月23日第1回暁VGCS】

・3人チーム戦 定員22 場所 大阪府 大阪市中央区西心斎橋2-10-32-3F

http://www.izazin.com/taikai/61723909

 初主催めーたーさんによるCSです!究極超越発売後初のCSになります!定員が一定数集まると、抽選で参加費減額になるようです!どんどん色んな人を誘っちゃいましょう!

 

【11月25日 第13回大和VGCS】
・3人チーム戦 定員64 場所 バトロコ柏店様
最寄り駅 柏駅
http://www.izazin.com/taikai/38733903

 年内での大和VGCSはこれが最後となってしまいます。出るなら今しかない!

 

【12月3日 第1回GCS】
個人戦 定員64 場所 高崎総合福祉センター
最寄り駅 高崎駅
http://www.izazin.com/taikai/87663905

  大和VGCS主催のぐんぐにーるさん主催の個人戦です!貴重な個人戦に出れるチャンス!自分の力を試したい人はご登録お早めに!

 

 【12月9日 新月CS 1日目】

 ・3人チーム戦 定員54 千葉県 トーナメントセンターバトロコ柏店様

 http://www.izazin.com/taikai/95904172

  八王子杯主催のぺすとさん主催のCSです!連戦なので、一気に結果を残すチャンスです!

 

 

 【12月10日 新月CS 2日目】

 ・3人チーム戦 定員54 千葉県 トーナメントセンターバトロコ柏店様

http://www.izazin.com/taikai/70204378

  9日に続き連戦になります!2日目終了時には忘年会も開催されるようなので、要チェック!

 

 【12月16日 栃木VGCS】

 ・3人チーム戦 定員32 栃木県 トーナメントセンター バトロコ小山店

http://www.izazin.com/taikai/69534364

 初主催はれぴんさんによるCSです!栃木でのCSは久しぶりなので、出たかった人もいるのではないでしょうか!今年最後のVGCSとなるので出るしかない!

 

 

 

 

 次に11月4日に行われた大和VGCSで使用したペイルムーンを紹介します。

 ナイトローゼと共にラミラビセットで大幅に強化され、個人的には3枠目の1つに入ると思っています。

 

 f:id:eseumagonn8001:20171106234803j:image

 

 【グレード4】

 仮面の奇術王 ハリー×4

 獣花の大奇術 プラーナ×1

 夢踊る彩翼 ミルワード×1

 仮面の神竜使い ハリー×1

 叫喚の神竜術師 ドロールキンバリー×1

 エアーエレメント・シブリーズ×1

 エアーエレメント・ラクトーム×1

 鎖鋸の大奇術 ファーニバル×1

 愛満ちる幻導師 マーヤ×3

 念動の大奇術 クルサード×2 

 

 【グレード3】

 仮面の幻術師 ハリー×4

 仮面の奇術師 ハリー×2

 

 【グレード2】

 フライング・ペリュトン×4

 絵札の奇術師 ラッピン×4

 アースエレメント・ポックル×1

 夜空の舞姫×2

 

 【グレード1】

 マスカレード・バニー×4

 ラブリーコンパニオン×4

 月光の旋律使い ベティ×3

 パープルトラピージスト×4

 アースエレメント・コネル×1

 

 【グレード0】

 銀の茨のお手伝い ディクシー×4

 ダークサイド・ソードマスター×2(画像はバニラ星)

 鏡の国の悪戯っ子×4

 スカイハイ・ウォーカー×2

 念気の奇術師 クルサード×4 

 ハピネスコレクター×1 

 

 

 

 大和VGCSで使用した構築になります。事前に考えていたデッキシェア予想としてカオス、ギアクロが多くのチームに採用されると予想してこの構築でまとまりました。

 基本プレイはどの相手にも2超越目にベティループを決めることにあります。なのでまずは、ベティループについて説明します。

 

 

 

【ベティループとは】

 ペリュトン、トラピ、ベティを使ったバトル中のループ方法。

 例としてこのブログで紹介している構築での、2超越目仮面の奇術王ハリー時最大値ループを説明します。

 

【条件】

 表CB5

 Gゾーンに表のハリー3枚

 

 【盤面】

 V 仮面の奇術王 ハリー

 S フライング・ペリュトン4

    パープルトラピージスト4

    月光の旋律使い ベティ1(3)

    絵札の奇術師 ラッピン1

    ラブリーコンパニオン1

 

 

 ① 仮面奇術王ハリーでアタック(CB1)

 ・スキルでSからペリュトンA、ラッピン、コンパニオンをスペコ。

 ・ペリュトンAのスキルで同列にベティAをスペコ。

 ② ラッピンでアタック

 ③ ペリュトンAでアタック

・ ベティAのスキルでペリュトンAをSに入れ、逆列にペリュトンAをスペコ。

 

 ・逆列にコールしたペリュトンAのスキルで、トラピージストAを同列にスペコ。

 

 ・スペコされたトラピージストAのスキルで、逆列にいるベティAをSにしまい、ベティのいた列にペリュトンBをスペコ。

 

 ・スペコされたペリュトンBのスキルで、同列にベティAをスペコ。

 ④以降CBとSのパーツが尽きるまで同じ動きの繰り返し。 

 

 f:id:eseumagonn8001:20171106235353j:image

 

 このようにCBとSのパーツがある限り殴り続けてきます。ちなみにこのパターンで殴り続けた場合の要求値は

 26k→34k→24k→24k→24k→24k→24k→24k→24k→24k→24→24k→34k

 で殴り続けます。超越ボーナスは抜いているので、本来ならもう少し要求が出ます。

 

 

 【長所】

・ パーツを手札に揃える必要がないのでループに入るのは容易。

・ ループ開始時のパーツ必要枚数はペリュトン2、トラピ1、ベティ1なので最初から全てSに入れている必要はない。(1度のループでSC2は起こるので途中から入る可能性がある)

 ・ペリュトン、トラピがダメージに落ちたとしても、ベティはループに入った場合ペリュトン、トラピの代わりなる。

 

 【短所】

 ・CBの数につきパンチ数が増加するのでCBが無いとまず連パンは出来ない。

 ・バトル中にベティを焼かれるとループは止まる。

 ・山を高速で掘るので、悪戯っ子が無くなると山が切れてループが止まる場合がある。

 ・一度失ったパーツは2度と戻らない。

 ・まず受けが弱いので死んでる。

 

 

 

 

 【採用理由】

 

 【グレード4】

 仮面の奇術王 ハリー4

 このカードの登場のおかげで初回からベティを頼らず連パンが可能になり、打点も増加。

  何よりもサークル指定なので呪縛カードも吸える鬼強カード。大体このカードに超越します。

 

 獣花の大奇術 プラーナ1

 カオス相手に余裕があれば初回で乗ります。Gゾーンの表にクレイエレメンタルを作りながら、超越ボーナスと合わせて全面戻しながら3パン出来るため。

 

 仮面の神竜使い ハリー1

 カオス相手に乗る時があります。スキル発動時に5面カードがあれば相手のRを2枚Sにしまえるので、ラクスカリーナ用のRを除去出来るのでほぼ打たせる事が出来ます。打たれなければベティで連パンしましょう。

 ちなみに5面出した時のスキルはプリマヴェーラ発動時のラウニマルユッカ処理と同じなので、押し潰したカードも枚数を参照します。その為2面呪縛までなら除去スキルは発動します。

 

 愛満ちる幻導師 マーヤ3

 相手ターン中にポックルで解除出来ます。クライシスの爆破にも引っかからないので、安心安全の解除方法です。

 前のターンにハピネスを残しておいたり、同ターンにマーヤ2枚切るなどすれば相手ターンにドローも出来、CCがしたい場合はペリュトン→トラピ→ペリュトン戻してスカイハイでCCもする事が出来ます。

 

 【グレード3】

 仮面の幻術師 ハリー4

 超越ボーナスにCBがかからないのでメインVにしています。初回超越時のSB1はかなり重かったりします。

 GB2スキルもカオス対面ではハンデスされてしまうので、使う場合は多々あります。

 

 【グレード2】

 フライング・ペリュトン4

 ループパーツ云々抜きにして4確。初回で1番Sに置きたいカードです。

 

 絵札の奇術師 ラッピン4

 Vハリー限定でノーコス強制SC1が出来、打点が出る貴重な奇術持ちです。

 GB2のスキルは奇術指定が無いので、トラピとスカイハイを使いノーコスで位置交換をする場合があります。

 枚数減らして良い枠だと思います。

 

 【グレード1】

 ラブリーコンパニオン4

 前環境まではルアードが存在したので、旧完全ガードと共に採用していましたが、リンクの登場によりルアードのシェアが激減したので4枚採用に。

 GB2なのでシブリーズの返しには発動しない。

 

 月光の旋律使い ベティ3

 ループはこのカードが起きないとまず出来ないので4枚採用にしたかったのですが、ループ自体は1枚で問題無く、他のG1を優先して採用したかったので3枚です。

 

 アースエレメンタル・コネル

 バトル中にベティが盤面から無くなると連パンが止まるので、ヘテロ、砲撃リリー、ゲホウラカンなどのバトル中に相手の盤面に干渉してくるカードをケアします。

 Sにしまっておけば、奇術王1枚から出せるのでクール。

 

 

 【グレード0】

 銀の茨のお手伝い ディクシー4

 ペイルムーンは毎ターンガツガツ山を掘っていくので、大体3超越目には山がありません。1枚で完結して山に戻るディクシーを4枚採用。

 ソードマスター4枚採用するよりも、要求されている状況が多くのゲームであり、手札にもSにも欲しいカードなのでこの枚数。

 

 鏡の国の悪戯っ子4

 このカードのおかげで全てのカード+4枚されるのでバグカード。

 奇術王でループに入る場合は、先にVから殴る為トリプルドライブをしてしまうので、山に4枚しまって置きたいカード。ガードにも切りづらい。

 

 ハピネスコレクター1(FV)

 何が何でもFV。焼かれたら負ける。

 

 

 

 【採用候補カード】 

 

 【グレード4】

 終焉を告げる者 メフィスト

 ループに入る時に奇術王よりもメフィストの方が強い場合があるので採用候補。

 覚醒が腐らずに連パン出来るのも魅力。

 

 【グレード2】

 激辛ピエロ

 盤面に残してターンを渡し、コンパニオンやマーヤで相手ターン中にパンプ可能。

 メラムヒストリーやミラー、新弾で強化されるアクフォにも有効。

 

  ミスディレクション

 連パン増加にハンドも増やせノーコスなのが割とバグ。

 ギリギリまで採用を悩みましたが、枠が厳しくて断念。メフィスト採用ならば確で入ります。

 

 【グレード1】

 キューティーパラトルーパー

 ペリュトンの代わりにもなる奇術持ちG1。ラッピンとの相性抜群です。

 

 ライトエレメンタル ホノリー

 ジェネシスに気持ち有利。ミラーで出したら相手泡吹いて倒れます。

 

【グレード0】

  長靴を履いたキャットナイト

 ペリュやキューティーと違い、スペコに列指定が無いのでトラピの代用になるカード。奇術持ちでパンプも入り、激辛採用ならばより活かせます。

 

 レインボーマジシャン(引)

 引トリガー。受けが余りにも弱いデッキなので回していると採用したくて堪らなくなります。

 

 エクスプロード・ジェントル(醒)

 このカードがあれば超越ボーナスで実質奇術以外も出す事が可能。手から置いても使えるので優秀です。

 覚醒をこれ以上増やしたく無いので今回は採用しませんでした。

 

 

 

 【まとめ】

 ベティループはとても強力で、CB5からループが決まればどのクランも倒す事は出来ますが、あまりにも受けが弱いです。

 ゲーム中手札増加スキルよりも、SCの方が圧倒的に多いので、完全と治がSに入りやすいく、ジェネシスやダクイレと違い、山に戻す手段は双闘しかありません。攻撃の努力値に全てを注いだデッキという印象です。

 チーム戦のWGPやCSに出る方は3枠目の選択肢として新たに増えたので、チームに採用しなくても動きだけは覚えておいて損はないと思います。

 閲覧ありがとうございました😊