えせ物語

TCGについて書きます 主にヴァンガード

デッキ解説-メサイア

 

 新年明けましておめでとうございます!

 新年早々インフレの塊のようなカードが今日のカードで正式に公開されました。

f:id:eseumagonn8001:20180101105613j:image

 今までのヴァンガードの常識を覆す効果で超越時お互いの手札全てを山札に戻し、お互い手札が5枚になるようにドローします。

 メサイアは盤面のカードにもよりますが、複数回アタックはCBに左右されずに行うので実質《創世竜 インテグラル・メサイア》に超越された場合勝利を意味しているため、今回は複数回アタックを肝として《創世竜 インテグラル・メサイア》の到達を目指した構築となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用レシピ

【グレード4】
創世竜 バサルティス・メサイア 4
創世竜 トランスエルス・メサイア 2
創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア 2
創世竜 インテグラル・メサイア 1(新)

星葬のゼロスドラゴン スターク  1(新)
エアーエレメント・シブリーズ 1
創世獣 ディスティニー・ガーディアン 1
綻びを閉じる光 レディヒーラー 2
終焉に灯る光 ラクスカリーナ 2

【グレード3】
イディアルエゴ・メサイア 4(新)
オルターエゴ・ネオ・メサイア 4

【グレード2】
アローザル・メサイア 4
豪脚のブラストモンク 4
質量転移のレディーフェンサー 3

【グレード 1】
定常宇宙の祈り子 4
ディスティニー・ディーラー 4
サクリファイスメサイア 3
デュナミス・メサイア 3

【グレード0】
ブリンク・メサイア 4
星騎兵パラダイムシフト・ドラゴン 4
星騎兵クォーク・シュービル 4
新規ヒール 4 (新)
FV遊泳する根絶者ニヱ 1

 

 

 

 新規採用

【グレード3】

《イディアルエゴ・メサイア

 今までのメサイアはGB後に爆発的な行動を起こせる反面序盤の行動に難がある名称でした。超越後は盤面のパーツ次第で最大11回の複数回アタックなど出来るのですが、パーツを集める方法がドローという不確定要素の高い方法でしか集められず、退却効果などに極端に弱く環境に食い込むには難しいデッキでした。

 

 f:id:eseumagonn8001:20180101111859j:image

 そんな不満を新規の《イディアルエゴ・メサイア》が解決してくれました。

 ライド時or超越時に手札のカード1枚を呪縛状態で置き、 1枚ドロー&V+5k。

 R限定でアタック終了時SB1自身呪縛で山上3枚から好きなカード1枚を呪縛状態で置きます。

 《黒狼フェンリル》に近いカードの登場により、GB解放前からのアドバンテージを稼ぐ手段を身に付けました。序盤は《イディアルエゴ・メサイア》駆使し複数回アタックに使用するパーツを集め、盤面構築を行いながら《創世竜 インテグラル・メサイア》や《創世竜バサルティス・メサイア》による11回の複数回アタックを到達点に設定してプランニングします。その為序盤のリソース回収札がグレード3である事から、FVは《遊泳する根絶者ニヱ》となりました。

 また《イディアルエゴ・メサイア》はV/Rどちらの効果も呪縛状態で置くため、流行りのグレドーラやオブティランドスのような効果を無視して展開する事が出来ます。

 

 

《創世竜 インテグラル・メサイア

 Gゾーンに表のメサイア名称3枚以上はGGにメサイア名称が存在しない為、3超越目以降が固定されますが、そんなテンポロスを差し引いても強力な効果です。

 仮にゲームエンドまで到達に失敗した場合効果で1枚ドロー。ハーツが《オルターエゴ・ネオ・メサイア》ならばターン終了時GB2効果で2枚ドロー《定常宇宙の祈り子》がドロップゾーンに存在するならば追加で1枚ドロー。合計ドライブ込み手札9枚でターンを返すことが可能で、ペイルムーンなどの手札を使用せずアドバンテージを生み出すクラン以外なら確実に返す事は不可能です。

 下の効果はGゾーンに表のメサイア指定を含まない為初回超越から1枚ドロー+SC1で《創世竜 アムネスティメサイア》の様なカードとしても超越する事が出来ます。

 

 

 最大11回の複数回アタック

  基本プランの1つ11回アタックの方法です。ジェネシスやペイルムーンのループとは異なり、条件さえ揃えば何度でも行う事が出来る大きな強みを有しています。

 

 ・必要

  CB5 Gゾーン表2枚以上

 ・盤面

 V バサルティス・メサイア  1

 R 豪脚のブラストモンク  1

    アローザル・メサイア 2

    質量変異のレディーバトラー  1

    デュナミス・メサイア 1

 ・ドロップ

   定常宇宙の祈り子 1

 

  0 墓地の祈り子の効果でアローザル2枚を呪縛。

  1 ブラストモンクでアタック→アローザルA解除。

  2 ブラストモンクでアタック→アローザルB解除。

  3 レディーフェンサーでアタック(スキル+デュナミスブーストあり)→2枚のスキルでレディーフェンサーは解除。

  4 レディーフェンサーでアタック→自身効果で呪縛。

  5 バサルティスでアタック→スキルでアローザルAB解除。レディーフェンサー、デュナミス解除。

  6 ブラストモンクでアタック→アローザルA解除。

  7 ブラストモンクでアタック→アローザルB解除。

  8 レディーフェンサーアタック(スキル+ブーストあり)→2枚のスキルでレディーフェンサーは解除。

  9 ブラストモンクでアタック→デュナミス解除。

 10 レディーフェンサーでアタック(スキル+ブーストあり)→2枚のスキルでレディーフェンサーは解除。

  11レディーフェンサーでアタック→自身スキルで呪縛。

 

 主に《創世竜 イディアルエゴ・メサイア》などでソウルを多用するので《デュナミス・メサイア》は《質量転移のレディーフェンサー》と合わせてソウル損失+-0の使用を目指します。その為《豪脚のブラストモンク》+《アローザル・メサイア》とのコンボで複数回アタックを行う場合は《サクリファイスメサイア》を盤面に展開し、最初のアタックから《豪脚のブラストモンク》単騎16Kを構築する意識をしています。

 

 

 採用候補

【グレード2】

 《メタレイア・メサイア

 効果コスト以外では呪縛されない為LJ(カオス)戦では相手効果で呪縛されず自身のパワーも呪縛される度に増加を続ける為退却される事がない。

 《創世竜 インテグラル・メサイア》や《創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア》などの1枚で複数枚解除するユニットと合わせて使用すると要求値を莫大に上昇可能。

 f:id:eseumagonn8001:20180101121031j:image

  《ミィーガー・メサイア

《創世竜 インテグラル・メサイア》のプランを構築段階から捉え、手札を消費せずに盤面増加ユニットを増加可能。

 盤面干渉クラン相手にも対応がきくため複数回アタックプランを構築段階から諦めた場合のみ採用可能。

 

 

 【グレード1】

 f:id:eseumagonn8001:20180101121307j:image

 《ヴィラストス・メサイア

ソウルはメサイアにとって時には手札1枚以上の価値を生み出せる為貴重なユニットですが、《定常宇宙の祈り子》《ディスティニー・ディーラー》まではどのプランを用いたメサイアでも4:4採用は固定でその他にも優秀なグレード1ユニットは数多く存在する為配分が選択するプランによって大きく変化します。

 

 《グロビューラ・ドーベル》

 SB1でターン終了時orVの効果で自身のユニットが解除された時、 1枚ドロー+CC1効果。《イディアルエゴ・メサイア》と合わせて序盤からリソース増加手段が取れ《創世竜 インテグラル・メサイア》という明確なプランを得た事によりV以外の効果で継続的にリソース確保手段。

 

 

【グレード0】

 《過剰星雲の落とし子》

 メサイアは超越後に爆発的な行動を起こせるからか呪縛効果を持つユニットも全てGBです。《過剰星雲と落とし子》はそんな鈍足なデッキ速度をカバーでき、相手ユニットと自身ユニットを 1枚ずつ呪縛可能。リソースだけで捉えれば1枚損失が起こりますが、相手前列呪縛ならば損失1枚以上の価値があり、《グロビュラー ドーベル》と合わせて損失も+-0に抑える事が可能です。

 

 

 

 まとめ

 序盤の行動が鈍足な欠点を今までは《フリーズレイ・ドラゴン》で相手ターン呪縛を可能にしてカバーを行なっていましたが《イディアルエゴ・メサイア》の登場により序盤から行動を起こせるユニットでカバーしつつ、超越後より爆発的な行動を起こせるデッキとなりました。

 現状は《創世竜 インテグラル・メサイア》のGB3効果と11回複数回アタック2つの明確なプランがありますが、まだスターゲートのゼロスドラゴンの効果が判明されていない為メサイアの期待値はまだまだ高まる一方だと思います。平均的に1ターンドライブ込みで手札が6枚程は増加し続ける為、Vと同名超越コストの確保は容易となっています。

 閲覧ありがとうございました。