えせ物語

TCGについて書きます 主にヴァンガード

デッキ解説-ビクトール

 

 1月19日発売予定のThe GALAXY STAR GATE収録のビクトールデッキ解説記事になります。

 前回のブログで収録したメサイアと同じく大幅な強化が施され、環境クランと比較しても見劣りしない強化が施されました。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 魔王杯告知

 1月27日に大阪府カードラボ難波店様で第3回魔王杯が開催されます!

 https://t.co/E648TzcaDq

   3人チーム戦ですが、魔王杯ではシングルエントリーシステムを採用しており、 3人チームを組まなくとも、1人からでも受付可能ですので気軽に参加出来ます!

  サブイベントでは、《極限突破杯》が開催されます!BT06の極限突破をその場で開封してデッキを構築してファイトするドラフトファイトになっています! 現代のヴァンガードとは違った力が要求されるので、誰にでもチャンスがある大会になっています!

 

 The GALAXY STAR GATEが発売されてから始まる最初のVGCSです。新環境ですぐに結果を残したい方は是非ご参加下さい!!

 

 

 

 

 使用レシピ

 

【グレード4】
ウィニングチャンプビクトール 3(新)
メテオカイザービクトプラズマ 3
フェイバリットチャンプビクトール 1
龍王拳 ドライガー 1
星葬のゼロスドラゴン スターク 1(新)
エアーエレメント シブリーズ 1

ライトエレメント アグリーム 1
メテオカイザードドカンティタン 2(新)
メテオカイザーユニオール 1
メテオカイザーガンドリード 2

 

【グレード3】
ズバットバトラー ビクトール 4(新)
ムッチャバトラー ビクトール 4

 

【グレード2】
メチャバトラー ゴルシャーチ4(新)
メチャバトラー ニンジャード4(新)
メチャバトラー ケンビーム 4

 

【グレード1】
メチャバトラー アラシード4
メチャバトラー バリオン4(新)
メチャバトラー ジェロホーク 4(新)
エネルギーチャージャー  1

 

【グレード0】
メチャバトラー ブチヌーク 4(星)
メチャバトラー カチワール 4(醒)
獣神 バンパウロス 4(引)
アラゴ・ブラウエナギー 4(治)(新)
メチャバトラー ビクヘッド 1(FV)

 

 

 メインに新弾のカードを約半数採用し、今までのビクトールとは全く違う構築になりました。

 新規ストライダー、新規ケラ互換、新規トランジット互換、新規ヒール互換が配られた事により、現在の高速環境に追いつきノヴァグラップラーとは思えない程のリソースを稼ぐ手段を得る事が出来ました。

 

 

 

 

 

 基本戦術

 

 f:id:eseumagonn8001:20180108211929j:image

 初回超越では基本的に上記の《ウィニングチャンプビクトール》に超越します。Rがスタンド時にSB1Gゾーン1枚表でそのターン中自身とスタンドしたユニットに+5kする効果を持っています。GB3ではVアタック終了時に1枚ドロー&退却効果が付与されます。

 上記の効果はターン1制限はなく、条件を満たす度に効果を使用できる為、初回超越ではVアタック終了時までにGB3を満たす事が初回超越の目的になります。

 

 

 :例

 条件 

 表CB2〜3枚

 Sが2〜3枚

 盤面

 V ウィニングチャンプビクトール

 H 《ズバットバトラー ビクトール》

 R   メチャバトラー ゴルシャーチ  1

       メチャバトラー アラシード  1

       メッチャバトラー ビクトール  1

      

 

 ⓪ 《ズバットバトラー ビクトール》の超越ボーナスで1枚ドロー&Vにアタック時R1枚スタンド効果を付与。

 

 ① 《メッチャバトラービクトール》でアタック

 ②《メチャバトラー ゴルシャーチ》でアタック→スキルで《メチャバトラー ゴルシャーチ 》をスタンド→《ウィニングチャンプ ビクトール》のスキルで+5k。

 ③《メチャバトラー ゴルシャーチ》でアタック

 ④《ウィニングチャンプ ビクトール》でアタック→付与したスキルで《メチャバトラー ゴルシャーチ》をスタンド→+5kスキル発動→アタック終了時《ウィニングチャンプ ビクトール》効果で1枚ドロー&退却。

 ⑤《メチャバトラー ビクトール》でアタック

 ⑥ ターン終了時《ズバットバトラー ビクトール》効果でCC1+SC1+1枚ドロー

 

 上記のように初回超越から11k→16k→16k→36k→21kの要求値を取りつつ、ドライブ込みで手札が+6枚されます。あくまでこれはRでスタンドさせる効果を持ったユニットが1枚のみでの場合の行動です。盤面のユニット、CBの数によっては最大8回の複数回アタックが可能です。

 まとめると初回超越を迎える上で大切な事は

 ① GB3到達の為に、最低1枚Rでスタンドさせる効果を持つユニットを手札or盤面に用意する事

 ②次のターン使うCBの枚数を計算し、ターン終了時に表が0〜1枚になるようガードの場面を考える

 

 

 

 

 

 採用カード解説

 

【グレード3】

f:id:eseumagonn8001:20180108233000j:image

 《ズバットバトラー ビクトール》

超越時確実に手札が確実に1枚増加し、V/Rでアタック時スタンド能力を付与出来ます。このカードの登場により、呪縛やグレドーラの1列スタンド、コール封じ等にR1面でも複数回アタックを損失なく継続して行えます。

 ターン終了時効果はGBが付いていない為、先3で《エネルギー チュージャー》でSを0枚にし 《メチャバトラー ゴルシャーチ 》や《進化転生ミライオー》など序盤からCBを消費する効果と合わせて1枚ドロー効果を狙いにいける事も出来ます。 

 

【グレード2】

 f:id:eseumagonn8001:20180110172727j:image

 《メチャバトラー ゴルシャーチ 》

 Vビクトール指定で抵抗とアタック時に他R1枚スタンドさせる効果が付与されます。GB前から使用できる効果なので《ズバットバトラー ビクトール》効果と合わせればで実質ノーコスで発動可能です。

 GB2は《ウィニングチャンプ ビクトール》の効果で一度スタンドするだけで、単騎21kに上昇します。

 

 《メチャバトラー ニンジャード》

 f:id:eseumagonn8001:20180109205351p:image

 GBでアタック時に他R1枚スタンドさせ、自身とスタンドユニットにGゾーンの表の数×2kパンプを付与。

 《ウィニングチャンプ ビクトール》で表のGゾーン枚数を増加させ爆発的な上昇を期待できます。

 

 【グレード1】

f:id:eseumagonn8001:20180109205316j:image

 《メチャバトラー バリオン

 ビクトールを含むユニット限定完全ガードですが、CB1で1枚ドローの効果を持ちます《ズバットバトラー ビクトール》効果でターン終了時に確実にCBは確保可能で返しのターンで使用するコストも《メテオカイザー ユニオール》で CC2でカバー可能です。

 

 《メチャバトラー ジェロホーク》

f:id:eseumagonn8001:20180110172723j:image

 CB1ブーストしたユニットをスタンドし、パワー+2k &1枚ドローします。このカード1枚で《ウィニングチャンプ ビクトール》の条件を満たしつつコストも確保し、CBの枚数によってCB消費が優秀なタイミングもあります。

 序盤にFV等パワーが低いユニットで要求ラインを構築した場合、ブーストしたユニットのみスタンドする為展開する際は注意が必要です。

 

 【グレード0】

 f:id:eseumagonn8001:20180109205432j:image

 《メチャバトラー カチワール》

 自身がカード効果でスタンドした場合、他ユニット1枚をスタンドさせ1枚ドローします。片面が呪縛や《百害女王 グレドーラ》でユニットが展開できない、《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》で退却した時に片面に《メチャバトラー ゴルシャーチ 》or《メチャバトラー ニンジャード》効果で片面だけで複数回アタックを可能にします。

 《ウィニングチャンプ ビクトール》に超越している場合ドライブトリガーとして発動ならば、トリガー+ウィニング効果で+10kし複数回アタックも可能です。

 

 

 

 

 

 採用候補

 【グレード2】

 《メチャバトラー アバレール》

 登場時CB1SB1でアタック時他ユニットを1枚スタンドし+5kする効果を持ち《ウィニングチャンプ ビクトール》ターンに効果を使えば+10kになります。

 初回超越で使用する場合GB3に達成する為にSが他に2枚必要になる為、GB前にSに入れるFVがおすすめです。

 

 【グレード1】

 《メチャバトラー マルヤーキ》

 『闘魂』で同列のユニットがスタンドした時、アタック時+4kを2枚に付与する効果を持ちます。ターン1制限がない為スタンドする度に使用可能ですが、以前のノヴァグラップラーとは異なり《ウィニングチャンプ ビクトール》で初回超越から打点の補助は行える為今回は見送りました。

 

 《エネルギー チャージャー》

 先3で効果を使用すれば、S枚数が0〜1枚なので《ズバットバトラー ビクトール》の効果を合わせてSB1で1枚ドローが可能。

 

 【グレード0】

 《進化転生ミライオー》

 GB前からSが確実に1枚増加し、G3回収効果はメインVを探索しつつ初回迄にリアガードを確保にも使用でき非常に噛み合っています。

 好みのタイミングでSを増加可能な為序盤から《メチャバトラー ジェロホーク 》とライン構築が○。

 

 《レッド ライトニング》

SC1でCCする互換効果ですが《メテオカイザー ドガンティタン》がGゾーンに表で存在する場合CC2カードとしても扱う事ができます。 

 

 

 

 

 

  まとめ

 

 《ウィニングチャンプ ビクトール》に超越すれば継続してドライブ込み手札が6枚増加し、安定して4〜8パンまで出来るようになりました。

 呪縛、相手ターン中の盤面干渉等の回答も手に入れ《フェイバリットチャンプ ビクトール》《星葬のゼロスドラゴン スターク》《牙龍王拳 ドライガー》など既存を含めた強力なフィニッシャーを用いたプランを構築が行いやすくなった事も大きな圧力を与えています。国家内で1番点数を詰める能力があるクランなので、ゼロスドラゴンが1番使いやすいかなと思います。

 閲覧ありがとうございました。