えせ物語

TCGについて書きます 主にヴァンガード

デッキ解説-シャルハロート

 

 2月23日発売の竜神烈伝からシャルハロートデッキの解説になります。現環境はどのクランも一定レベルの強化が貰えるため、横並びと言っても差し支えのない環境でその例に漏れずシャルハロートも強力な強化を貰いました。

 

 

:1 デッキ構築

:2 基本の立ち回り

:3 採用カード解説

:4 採用候補

:5 まとめ

 

 

 

 

 

 :1デッキ構築

 

【グレード4】
魂を狩る者 バラム 4
常闇を裂く者 ブレダマオス 4
悲壮の斬撃 ルジェイラス 1
終焉のゼロスドラゴン ダスト 1
エアーエレメント シブリーズ 1
偽りの闇翼アブラト・パト・マラト 1
幻獣侯爵 サブナック 2
降り積もりし愛執 ドルジ・ナス 1
断絶の医学ヴィンセント 1

 

【グレード3】
夜明けへと進む者 シャルハロート 4
邪神司教ガスティール  1

 

【グレード2】
愛着のサキュバス  3
デモンテッド・エクスキューショナー 4
妬心のサキュバス 4
イルファル・リフレッサー 3

 

【グレード1】
純愛のサキュバス 4
絶縁の堕天使 アクラシエル 4
ヴェアティーゲル・イェーガー 4

 

【グレード0】
悪夢の国のダークナイト 4
独眼のサキュバス 4
悪夢の国のモノクローム 4
アモンの眷属 アビズム・ラスト 4
エニグマティック・アサシン 2
ヴァクストーム・ヴァンピーア 1(FV)

 

 

 RでSを貯める事が出来るG2のカードを多く採用する為極端グレード配分となりました。序盤から積極的にSを貯め、山の中をトリガーだらけにしてから《夜明けへと進む者 シャルハロート》と《ヴァクストーム・ヴァンピーア》でSのカードを手札に戻しSに用意していた《ベイルファル・リフレッサー 》のようなガード制限カードを組み合わせ、点数を詰めるデッキとなりました。

 

 

 

 

  :2 基本の立ち回り

 ゴール基本3択で2超越目ガード制限バラム、トリガーだらけの山札Vスタブレダマオス 、アサシン+ガード制限ダストのいずれかを目指していきます。

 

 

 ・マリガン

 順当ライドをしたいのでグレード3〜1を揃えていきます。この時グレード2は重ねてマリガンをします。

 メインVである《夜明けへと進む者 シャルハロート 》の超越ボーナスでSの深淵ユニットを回収できる為、序盤から《デモンテッド・エクスキューショナー》や《妬心のサキュバス》の様な点を詰めつつ超越後も動けるようにSを溜めるカードを残します。グレード3がない場合もSに《ベアティーゲル・イェーガー》が入れば引ける可能性もあり、アシスト分の手札損失 1枚を確保する事が出来ます。

 

 

 ・序盤

 上記の説明通り《妬心のサキュバス》などを展開してSを用意しつつ、点を詰めていきます。新規完全ガードの《絶縁の堕天使 アクラシエル 》や《悪魔の国のモノクローム》などグレード2以外にも序盤から盤面に置いて後々手札損失をしないユニットが多く採用されている為、積極的に広げていきます。

 序盤から広げる事が可能ですが、シブリーズターンが強いデッキではなく、シブリーズ後の初回超越が強くなるデッキの為基本はスキップせずに先乗りをします。《夜明けへと進む者 シャルハロート 》のターン終了時効果はGB効果が無いので、相手が選択する退却効果ですが、相手Rを殲滅してFVを狙って退却なども可能です。コストとしてSに入れるカードを《ヴェアティーゲル・イェーガー》ならば、  1枚ドローも付いてきます。

 

 

 ・中盤(初回超越)

 初回超越は《魂を狩る者 バラム》か《悲壮の斬撃 ルジェイラス》です。手札を増やす都合と退却効果など《魂を狩る者 バラム》に超越する場合が多いです。

 GB3を満たしていない為ガード制限効果はつかず、連パンで点を詰める事も《エニグマティック・アサシン》を使わないと出来ませんが使い切りのカードな為初回超越では殆ど使わず2超越目のゴールまで溜め込みます。その為初回超越で目指す事は

 

 ・Sを8枚以上溜める

 ・手札を集める

 ・2超越目で使うカードをSに用意する

 

 になります。まずSを8枚以上溜める理由ですが、《夜明けへと進む者 シャルハロート 》のターン終了時効はSが8枚以上でCC1が追加されます。

 実は1ターンに3〜4程CBを使うデッキで、少なくとも今想定している初回超越で《魂を狩る者 バラム》で 1枚FVの《ヴァクストーム・ヴァンピーア 》で2枚消費します。ここに完全ガードの《絶縁の堕天使 アグラシエル》や《ヴェアティーゲル・イェーガー》なども状況により消費するCBが増えていきます。

 ですが8枚溜める事は簡単で、元々Sが2枚で超越ボーナスで+2枚で4枚。《魂を狩る者 バラム》の効果で+2枚で6枚。ここにRでSを増やすカードは23枚採用している為8枚以上にならない事はまず起こらないと思います。

 

 次に手札を集めるですが、極端に言えば返しの超越で負けない為です。今はどのクランも初回超越から恐ろしい火力で攻撃してくる為、半端な手札枚数だと負けてしまいます。そこで質の良い手札を集める事が重要になります。シャルハロートは毎ターン超越ボーナスでSに干渉できる為、必要なカードは回収出来ます。その為、手札は超越コストさせ残せば返しに倒す事が出来ます。

 手札増加方法は《魂を狩る者 バラム》のドライブ+1。《夜明けへと進む者 シャルハロート 》《愛着のサキュバス》《ヴェアティーゲル・イェーガー》《絶縁の堕天使 アクラシエル 》の5枚です。ここで重要なカードが《愛着のサキュバス《ヴェアティーゲル・イェーガー》です。

 《ヴェアティーゲル・イェーガー》はSに入った時にCB1で1枚ドローの効果を持ちます。その為Sに入れるカードは実質1枚として扱う事が可能になる為、上記のSを8枚溜める動きをしつつ手札増加を可能にします。

 《愛着のサキュバス》はR登場時Sが10枚以上ならば2枚ドロー 1枚ドロップ効果を持ちます。《妬心のサキュバス》などで直接Sに入れても手札は増えませんが、FVの《ヴァクストーム・ヴァンピーア》で回収してコールすれば手札を増やす事が出来ます。《ヴェアティーゲル・イェーガー》とは違い、盤面に残る為《夜明けへと進む者 シャルハロート 》のターン終了時のコストとして手札1枚+CC1として使用したり、《降り積もる愛執 ドルジナス》のコストとしても使えます。

 

 

 最後に2超越目で使うカードを用意するですが、最初に上げた3択の動きにはRにガード制限カード+アサシンを用意するという共通の理由が存在します。

 2超越目の超越ボーナス発動前に手札かSに《ベイルファル・リフレッサー 》を2枚用意します。Sに2枚とも用意されている場合、超越ボーナスでは《ヴァクストーム・ヴァンピーア 》を回収し、効果でSに用意しておいた《ベイルファル・リフレッサー 》を深淵を満たしつつ回収します。 《エニグマティック・アサシン》は他SCカードでSに用意すればいい為この段階で始めて狙ってSに用意していきます。

 これだけ行えば、2超越目《魂を狩る者 バラム》G1G0ガード制限でR2面28kか《常闇を裂く者 ブレダマオス》R2面G0ガード制限Vスタか《終焉のゼロスドラゴン ダスト》R2面G0ガード制限+5パンの選択肢を取る事が出来ます。

 

 

 

 

 :3採用カード解説

 

 【グレード4】

 《魂を狩る者 バラム》4

f:id:eseumagonn8001:20180220211408j:image

 どのタイミングで超越しても優秀なガード制限カードで、現代版イチキシマです。

 退却効果は《ナースオブ・ブロークンハート》や《激辛ピエロ》など相手ターンパンプを封じてガード制限と非常に噛み合った効果です。

 ガード制限はGB3効果の為、《エアーエレメント シブリーズ》の返しのターンから使う事が可能です。

 

 【グレード3】

 《夜明けへと進む者 シャルハロート 》4

 f:id:eseumagonn8001:20180220210538j:image

 超越ボーナスで毎ターンSの深淵ユニットを1枚手札に加える事が出来ます。初回は追加でS増やす為に《妬心のサキュバス》などを回収し、2超越目以降は《ヴァクストーム・ヴァンピーア 》を回収して実質Sから2枚カードを回収出来ます。

 ターン終了時効果はGBがついていない為、先3から相手のユニットを退却でき、カオス対面などは、解除→クライシス爆破→夜明け効果なのでなるべく前列に置くカードは効果でSに送れる深淵ユニットを置きます。

 

 《邪神司教 ガスティール 》 1

 f:id:eseumagonn8001:20180220224931j:image

 上の効果はSが8枚以上でRのグレード3深淵ユニットを手札に戻す事が出来ます。下の効果は登場時なので何度でも使いまわす事が出来、《邪眼明王 シラヌイ輪廻》などで置かざる負えなかったグレード3ユニットを手札に戻すことも可能です。

 GB2深淵登場時にSのグレード2を2枚までドロップに送り、そのターン全ての効果を持ちます。登場時に発動する為《愛着のサキュバス》などの効果も使用出来ます。基本的には《デモンテッド・エクスキューショナー》と《ベイルファル・リフレッサー 》の効果をコピーし、単騎26KG0ガード制限を作ります。

 

 【グレード2】

 《妬心のサキュバス》4

 f:id:eseumagonn8001:20180220223324j:image

 登場時に深淵Vなら山上5枚からグレード 1以上の深淵2枚までSに送ります。序盤から終盤まで強力な効果で、序盤に最も優先してSに用意したいカードです。アサシンは《デモンテッド・エクスキューショナー》で入れてください。

 

 《愛着のサキュバス》 3

  ドロー効果はSが10枚以上と条件が少し厳しいですが、貴重なドロー効果の為 3枚採用しています。だのタイミングで使用しても強力な為この枚数ですが、Sから直接回収手段もある為減らす事の出来る枠だと思います。

 

 【グレード1】

 《純愛のサキュバス》 4

  山上から直接Sに入れる効果は全て深淵指定がある為、ランダムSCで入らない場合《常闇を裂く者 ブレダマオス 》のターンなど不純物として山に残る場合がたまにありますが、それを補ってもシャルハロートの強みの1つであるシシルス8枚採用を崩す理由としては乏しい為 4枚採用。 1枚回収が効く優秀な深淵カードに変えるのはありだと思います。

 

 【グレード0】

 《エニグマティック・アサシン》 2

  一度効果を使い盤面に出した場合、Sにしまう方法が《罪深き者 シャルハロート》しかない為、ゴールに相対するターンまで使う事が出来ません。その為 4枚採用にした場合ゴールはとても強力なものとなりますが、序盤に投げられない、ガードとして切ると2度と戻らないなど弱みが多かった為最低枚数の2枚だけ採用しています。

 

 

 

 

 :4採用候補

 【グレード4】

 《罪深き者 シャルハロート 》

 自身の面を全てSにしまい、相手の盤面は全て退却させ守護者ガード制限が付きます。アサシンを使い回せる唯一のカードであり、繋ぎのターンとしてガード制限→ガード制限を作る事が出来ます。

 

 【グレード3】

 《グレンツェント・ヴァンピーア 》

 CB1を使用しますが、山上5枚から深淵全てをSにしまう事が出来ます。山が少ない状態は山下固定で確定トリガーゾーンまで作れますが、グレード2を多く採用したい為今回は採用を見送りました。

 

 【グレード1】

 《リスティヒ・ヴァンピーア 》

  深淵が付いていないのですが、Gサークル登場時手札1枚をSにしまい、Sからノーマルユニット 1枚を手札に加えます。自身が深淵持ちではない為上から引くしか方法がないですが無しではないと思います。

 

 《貪欲のサキュバス

  深淵で自身のR 1枚退却させ、Sから手札に加える完全です。《殲滅の翼 ブレイドウィング・ティボールト》ではない為使い切りの効果になってしまいますが、新規の《絶縁の堕天使 アクラシエル 》は《終焉のゼロスドラゴン ダスト》や根絶者のデリートなど能力を消すごく稀な効果を使用された場合、使う事が出来ない為、 1枚だけ採用圏内だと思います。

 

 【グレード0】

《ヴェアフレード・インフォルマント》

 深淵で自身をSに置き、グレード 4のVがいるなら 1枚ドロー+R1枚に+3Kを振ることが出来ます。覚醒トリガーの為《魂を狩る者 バラム》などのガード制限と噛み合いもよく、《ベイルファル・リフレッサー 》を単騎21kにしたり、手札に札が戻る為序盤から置きやすいカードです。

 ですが、ゴールまで到達する為に星の方が要求されている場面が多く、あくまでキルターンで強いだけでキルターン迄には優秀とは言い難いです。CBの状況上同じ覚醒トリガーの《悪魔の国のモノクローム》を抜く事が出来ない為、強力な効果ですが今回は採用を見送りました。

 

 

 

 

 :5まとめ

 手札増加、相手盤面干渉、Vスタ、ガード制限などやれる事が多い非常に楽しいデッキです。環境が早い為2超越目で倒す事が目標ですが、バロム→ブレダマオス →ダストの順番で綺麗に超越すると爽快でした。

 閲覧ありがとうございました。